即日 お金借りたい【滞納者/延滞中】問題ありません!延滞者でも借りれる所

お金を借りる即日!滞納者や延滞中の方は大手では無理でしょうが、街金なら問題ありませんよ★延滞者でも借りれる所

entaityuu648.jpg
 

長期延滞中 おまとめローン

2019年05月03日 14時31分

  1. 中小消費者金融の長期延滞中のおまとめローンとは?
  2. 返済ができない時に行わなくてはならないこと
  3. 信用情報のブラックは回避できる?
  4. 返済日前に話すと良いかも?
  5. 安定収入だけが武器の審査?長期延滞中でも審査が通る?
 
entaityuu648.jpg
 

中小消費者金融の長期延滞中のおまとめローンとは?

大手消費者金融アイフルや楽天カードなどの多重債務者だとしても、返済ができれば問題はありません。
これは信用情報でも確認したうえで審査が通ることがあります。

個人信用情報機関では、借入と返済の状況が毎回更新されます。金融業者に申込の事実も確認します。
それが金融会社で、個人信用情報機関に照会したことも事実として記録します。
ですから、申込の時に、過去の申込と審査状況も確認されます。
 

審査基準の違い

銀行カードローン、大手消費者金融、中小消費者金融などでは審査基準が違います。

ただ、共通している審査基準があります。
それが延滞、遅滞だけではなく、長期延滞中の状態ではどの金融業者でも審査に通らないことがあります。
甘い審査の中小消費者金融でもこの長期延滞中は借りられないことが多いでしょう。

借入が多い、多重債務者になっている。
それだけではなく長期延滞中、そんな時には、審査が困難でしょう。
 
entaityuu648.jpg
 

長期延滞中でおまとめローンの可能性

おまとめローンは、多重債務を1つのローンに借り換えすることです。
その時の審査としては、返済ができることが第一条件であり、長期延滞中では信用が低いことになります。
甘い審査の中小消費者金融でも長期延滞中では、審査落ちになってしまうことが大きいです。

債務者としては、限度額範囲内の総量規制だけではない。
返済額がある、規定の返済日に入金がされていない信用情報では、あなたはここでおまとめローンの申込をしたとしたら、返済はどうするのですか?このときの担当者の対応では、当然難しい顔をすることでしょう。

それでも、まだ手はあると言います。
それが、長期延滞中の内容と返済ができるという証明を提出することです。
ブラックだけど、安定した収入が継続的に返済ができます。

おまとめローンで、大手消費者金融などの多重債務を完済ができる。
おまとめローンの返済が確実にできるのであれば良いだけです。
その証明を強くできると自信があるのなら、甘い審査の中小消費者金融や街金などに挑戦してみて下さい。

返済日に今度はきちんと返す。
多分返済額が少ない長期延滞中であれば、おまとめローンの可能ができるかもしれません。
 

多少無責任ですが

多重債務者のおまとめローンの審査は通ることがありますが、長期延滞中はなかなかのものです。
実際に、中小消費者金融の担当者が今度は返済ができると保証はありますか?
それに100%回答ができたとしたら、借入ができる可能性があります。

金融会社としては、どこまでの許容範囲か?
甘い審査にすがるしかないということですが、長期延滞中はどうしてもマイナス要因になります。
 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg
 

返済ができない時に行わなくてはならないこと

審査の内容では、消費者金融では申込と信用情報で、返済ができる申込であるかを確認します。
その時に長期延滞中は、最悪です。
 

61日以上の遅滞を延滞と言う

延滞の正式の日数は61日か3ヶ月以上です。
この差は金融業者によって違うのですが、たいてい2ヶ月程度の遅滞があると延滞となります。
長期で大体3ヶ月です。債務者は金融事故として延滞と遅滞に関しては、金融業者も黙っていません。

返済日から1週間程度入金がないと、必ず電話が来ます。申込の時に入力した電話番号です。
アイフルなどの大手消費者金融や楽天カードの銀行カードローン、クレジットカード信販系のキャッシングでは、必ず自宅や携帯電話に来ます。そして、時間も考慮して朝早くとか夜遅くにくることは絶対にありません。
 
entaityuu648.jpg
 

いつ返してくれますか?

この電話は取り立てではありません。いたって紳士的です。
いつ返してくれますか?何か事情があり返済ができないのですか?
こんな質問があり、返済の方法も考えてくれます。

良くあるのが、先に利息だけの返済をしていく。元金は後で支払うことで、負担軽減です。返せることが前提で借りたので、事情が変われば金融業者すべてが、少しでも返済ができるということに対応します。
すでにブラックリストの金融事故になっていますが、こうした電話が必ずかかってきます。
 

居留守を使う人も

確かにしつこい電話で放っておく方もいますが、そうなるとあっという間に61日遅滞の長期延滞中になってしまいます。そうなると、今後の話しが難しいです。

個人信用情報機関の内容としては、話しをしていくうちに早く結論を出さないと延滞の度合いが変わってきます。
返済ができないとわかったら、行ってほしいことがあります。それがおまとめローンです。
 

もたもたしていると長期延滞中になってしまう

こうした返済しない時は、遅滞や延滞はしないようにして下さい。
返済ができない時には、おまとめローンの申込をすることです。

金融事故がないことが条件です。
ここは難しい審査ですが、長期延滞中になる前に手をうつことができます。
返済ができないとしたら、おまとめローンに借り換えをオススメしたいのですが。
この時に中小消費者金融のおまとめローンで甘い審査にすがるというのもありでしょう。

とりあえずの提案ですが、ブラックリスト前のおまとめローン。
長期延滞中にならないように。返済ができないとしたら、債務整理の手もあります。
返済できないと、金融業者からの電話には即答して下さい。

大手消費者金融などでは責められることがなく、どうしてですか?と聞かれて、今後の相談ができます。
 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg
 

信用情報のブラックは回避できる?

個人信用情報機関では、借金と返済の内容を記録しています。
申込だけでも記録されるのですが、それが申込ブラックの原因になります。
 

申込だけでどうして申込ブラック?

大手消費者金融や銀行カードローンなどの厳しい審査では、審査落ちが連続していると、すでにブラックになります。申込の審査落ちが原因のブラックリストは半年間続きます。

信用情報の内容では、こうした審査基準があることで、それぞれの借りれる範囲が決まります。
債務者が多重債務の場合は、審査は慎重になります。返済ができる可能性がある人に貸すことが審査です。

金融事故については種類も多いですが、申込ブラックは軽いほうです。
半年間の金融事故として、各種金融会社の申込ができなくなってしまいます。
 
entaityuu648.jpg
 

延滞は最大のNG

返済ができない人は審査落ち。それが、最大の原因とされるのが長期延滞です。
61日以上の遅滞をしている状態では、各種申込が審査落ちになります。

キャッシングだけではなく、各種ローンも同じです。
信用情報での長期延滞中というのは、長いあいだ返済ができていないということであり、不信感が出ています。
信用情報として金融事故としては、長期延滞中が最大の審査落ちになってしまいます。
 

60日も返済から逃げる

いろいろと事情がありますが、返済ができない時点で解決しなければならないでしょう。
本当は返済日に入金ができないのであれば、その理由を告げることです。
これ、遅滞経験者がとてもつらいことでしょう。

しかし、この時点で1回目の遅滞で相談をすると延滞の金融事故にならないことが多いです。
金融業者としては、遅滞後1回目の相談で、約束の入金ができれば、信用情報の記録が付けられないと言います。
ということは、セーフであり、そのまま普通のキャッシングが継続されます。
 
entaityuu648.jpg
 

長期延滞中はこのような一歩から

延滞と遅滞の連続です。この遅滞は、債務者が返済の義務を怠ってしまう。
返してもらう事ができない側としては、どうして返済できない?と聞かれるのは、当たり前でしょう。
それが、以前のサラ金などでは激しい取り立てだったり、事件です。

現在は、法律で取り立ての禁止されているので、激しい事は一切ありません。
ですから、返済ができないとしたら、その時に1回1回解決をしていきましょう。

遅滞を解決していくことで、長期延滞は回避することができます。
信用情報上で長期延滞中の記録がつくことは、これからの借金や各種ローンにも大きな影響が出ます。
 

返済できない前に行うこと

多重債務者なら、中小消費者金融のまとめローンがオススメです。
返済負担を小さくして金融事故を回避することができます。
そして、返済が本当にできないのなら、債務整理をすることで減額ができます。
ブラックリストになってしまうのですが、長期延滞中の信用情報よりはベストポジションです。
 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg
 

返済日前に話すと良いかも?

カードローン、キャッシングに関して返済日は絶対です。
これを守らなければならないでしょう。消費者金融も銀行カードローンの返済しなければならないものです。

それはわかっているけれど、返済ができない事情もある。
延滞している債務者には、理由もあることでしょう。
 

逃げは卑怯?

遅滞と延滞は債務者の逃げになります。理由をきちんと話すことが必要です。
返済日を守らないことを話しをしなければならないのも本当は義務です。
それをしないで、返済もしないで逃げてばかりいると、債務者の立場がだんだんと悪くなっていきます。
それが延滞であり、その期間が長くなると長期延滞者になります。

金融機関も金融業者も返さないと電話が来ます。
どうして返さないかの理由を聞かれるのですが、事前にこちらから返せないのでどうしましょうと相談することで、印象が良くなります。と言っても、信用情報が変わることはありませんが。
 
entaityuu648.jpg
 

返済日前に一報を

審査基準では、延滞中の申込では借入ができないでしょう。
債務者は、返せない理由はきちんと告げることが必要です。それにより、メリットがあります。
仮に数日返済日から過ぎたとしても、どうして返済ができないかの理由で、あと数ヶ月で返済ができる。

例えば、入院しなければならないことがあり、返済ができなかった。
病気だけでなく、事故などで必然的に延滞してしまうことがあります。
しかし、ここで仕方ないからほうっておくのではなく、理由を言いましょう。

安定収入があれば、まとめローンができる方がいます。
金融会社では、審査基準によっても違うのですが、遅滞はしていないので、これからどうしようという相談です。

まとめローンでは、多重債務分だけを借りる事ができます。新規のキャッシングではないので、債務が増えることではなく、今ある多重債務分だったり、債務について、返済負担が軽くなります。

その時に、まとめローンが出来るだけの安定収入があると有利です。
たとえまとめローンができないとしても、返済ができる範囲内の毎月の返済額が減ることができます。

金融会社としては、契約が変わったとしても毎月の返済額の減額の相談もできます。
要は、完済のためなら対応できるということです。
無職になって返済ができない場合は、最初は利息だけのわずかの単位の返済でもできます。

その話しがスムーズにできるのも遅滞前の金融事故がない状態で行うことです。
遅滞延滞後の相談よりは、返済ができない返済日前の電話が有効です。
 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg
 

安定収入だけが武器の審査?長期延滞中でも審査が通る?

長期延滞中の多重債務者は、おまとめローンで1つのローンに借り換えをしたいと思うでしょう。
多重債務は、1つ1つのキャッシングがおまとめローンができることで、メリットとしては低金利になることがあります。低金利は数%の差だとしても、借入が大きければ、返済額にも少なくなります。
 

審査が通るのであれば

ただ、金融事故としての長期延滞中は、審査は難しいとされています。
61日以上の遅滞の方です。しかも、多重債務であればブラックリストでは最悪です。
ですが、中小消費者金融などの甘い審査の場合は、返済ができるのであれば借りれることがあるらしいです。

口コミの中には、返済が出来るだけの安定した収入が継続していることが必要でしょう。
一応は、ブラックリストでも借りれる中小消費者金融と言われています。
そこで、長期延滞中などでも返せると証明ができると借りれたとの口コミがありました。
それは、延滞の理由と返済ができることを確認されます。

その時に、利用者の返済状態で今回はたまたま長期延滞中になっているけれど、もうしない。
延滞しないだけの返済額を安定することです。少ない金額では、総返済額がとても多くなってしまいます。

これで、中小消費者金融などのおまとめローンではオススメしないことがあります。
それは、低金利のメリットがないからですが、長期延滞中の方は別です。
おまとめローンができれば、一気に大手消費者金融などの多重債務者が完済できることになります。

実際には、多額の返済額になると言いますが、おまとめローンは総量規制対象外です。
ですから、多い金額のキャッシングができるのもまとめローンの考え方です。結局は多額のキャッシングを抱えることになりますが、長期延滞中の最悪のブラックリストを返上することができます。
 
entaityuu648.jpg
 

闇金には行かない

こうして書くと、中小消費者金融のおまとめローンはとても甘いように見えます。
もともとは、中小消費者金融は少額キャッシングができることがメリットになります。

おまとめローンの存在がない所もあります。そして、おまとめローンができるのは限定的であり、安定している収入が必要であり、なるべく高い収入とか、ボーナスなどがある正社員などが理想です。

ある中小消費者金融では、個人事業主は対象外になります。ということで、条件がある程度限定になってしまうので、簡単ではないのですが、極甘審査の中小消費者金融であれば可能性あります。

しかし、同様の形での闇金もありますので、ここは注意です。
おまとめローンがバンバンとできる雰囲気であれば、そこは怪しいでしょう。

長期延滞中のおまとめローンの審査では、なかなか秘密の中の審査になります。
ホームページ的には、延滞は審査落ちということが言われています。
対外的には延滞遅滞のブラックリストは審査落ちですから。
 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg

関連ページ

entaityuu648.jpg