即日 お金借りたい【滞納者/延滞中】問題ありません!延滞者でも借りれる所

お金を借りる即日!滞納者や延滞中の方は大手では無理でしょうが、街金なら問題ありませんよ★延滞者でも借りれる所

entaityuu648.jpg
 

他社延滞中 融資

2019年04月03日 11時32分

  1. 街金でも他社延滞中で融資はできない
  2. 初めてのキャッシングなのにどうして審査落ち?
  3. 他社延滞中のまとめローンの可能性?
  4. ブラック対応の中央リテールの他社延滞中の対応は?
  5. 他社延滞中したら債務整理しかない?
 
entaityuu648.jpg
 

街金でも他社延滞中で融資はできない

ブラックリストとは、信用情報で金融事故情報がある方を指します。正式名称ではなく俗語です。大手消費者金融の審査に落ちたり債務整理をした方で、信用情報で異動情報が付く行為をした方をブラックリストと言います。
 

信用情報とは?

個人信用情報のことであり、国内でのクレジットやキャッシングの情報がすべて詰まっています。
この信用情報をもとに、キャッシングも各種ローンも審査が行なわれる事になっています。

異動情報とは、各金融機関で返済をしていない、過剰なキャッシングをしているなどの情報を持ち寄ります。
借り入れごとに信用情報は更新されていくのですが、申込の時点で最新の情報が審査の対象になります。

そこで、大手消費者金融で審査落ちになったとしても、街金や中小消費者金融では借りれる。
審査基準が違うことで、ブラック対応が中小消費者金融ということになります。
 
entaityuu648.jpg
 

他社延滞中の審査は?

異動情報の中で、多重債務者が他社延滞中でブラックブラックとなっている場合、甘い審査の中小消費者金融と街金でも対応はしないでしょう。対応しないというのは、延滞中の異動情報の場合は間違いなく審査落ち対象になります。

カードローンの返済をしていない状態で、中小消費者金融で新たなキャッシングをしたいときには、ローンが組めないし新規申し込みができないことになります。アコムの支払いをしていない状態での、中小消費者金融の借り入れができないようです。

キャッシングだけではなく、住宅ローンの支払い、銀行カードローンの楽天カードの支払い、携帯電話のクレジット部分の支払いでも同様です。ローン審査で他社延滞中での融資は多分できないことなので、信用情報での最悪の事態ということになります。

大手消費者金融だけではなく、中小消費者金融でも借り入れができないことで、これは闇金しかない?との口コミもあります。絶対に冗談で終わってしてほしいことです。
 

闇金なら借りれるの?

他社延滞中の融資では、闇金では信用情報は審査をしません。ということは、個人情報だけの申告で借りれることがありますが、これはキャッシングなどではなく、恐喝まがいの借り入れであり、後で後悔してしまうことになります。

借入は絶対に審査に通らない他社延滞中の場合であり、個人情報のブラック情報も限定されたものでなければ、キャッシングそのものはできないと思って下さい。他社延滞中で融資できるのは、闇金しかないですし、この行為はしてはならないことです。
 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg
 

初めてのキャッシングなのにどうして審査落ち?

アコムに新規申し込みをしたけれど、審査に通らなかった。
初めてのキャッシングだと言うのに。プロミスも審査落ちであり、考えられる原因は何?
 

大手消費者金融の審査落ちの原因

1つではないのですが、大きなものとしては20歳以上で安定収入があるか?でしょう。
無職や専業主婦は借入ができません。どんなに頑張ったとしても収入がない方の借入はできません。
住宅ローン、車ローンなども同様です。

あとは多重債務ではないことであれば、他社延滞中ということはありませんか?
借入しているお金がないとしても、信販会社などでローンがあれば、延滞も考えられます。
 
entaityuu648.jpg
 

30日のアコムの申し込み

例えば、自身が持つクレジットカードの支払い日が27日だとします。何かの間違えで、引き落としがされない。
銀行口座にお金が不足していた、他の引き落としが多かったなどで、クレジットカードの返済が出来ない場合、実はこの状態も延滞中になります。

場合によっては、60日程度は延滞記録がつかないことがありますが、27日の引き落としに間に合わないということは、その事実で遅滞している状態であり、延滞中です。

それを知らずに、30日にアコムに新規の申し込みをします。
信用情報では、延滞中になっている異動情報があります。
それが審査落ちの原因です。アコムからの1万円の融資も受けることができません。
 

2日のアコム申し込み

この事実に気がついて、クレジットカードの返済をしたとします。
それが1日だとすると、4日間の延滞です。

この程度では、返済をした後の2日のアコムでは普通に融資を受けることができるでしょう。
今回の4日間の延滞が短期間だからであり、これが60日をすぎると絶対にキャッシングできない状態になります。
信用情報での完全な金融ブラックであり、借入は当分できない状態になります。
 

甘い審査ではどう?

ブラックリスト対応の中小消費者金融や街金は存在していますが、延滞の信用情報では絶対に借入ができない状態になります。金融会社としては、他社延滞中が金融業者だけではなくもクレジットカードも信販会社なども関係しています。

クレジットカードの支払いだけではなく、携帯電話の通話料金ではなく、機種代の料金も同様です。
機種代は分割であり、信販会社が対応していて、支払いをしていないと延滞中になります。
多重債務でもないけれど、しっかりと延滞中の記録が信用情報にあることで、今回のキャッシング審査は見事に審査落ちということになります。
 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg
 

他社延滞中のまとめローンの可能性?

ブラック対応の中小消費者金融のまとめローンでは、いろいろな審査内容があります。
基本的に金融ブラックでも借りれるまとめローンです。
 

多重債務者の救いの手

まとめローンの利点は、多重債務を1つのローンにすることで、金利が下がって返済額が少なくなることです。
1つ1つの借金では高い金利だけど、まとめローンにすると借入が大きくなることで、利息制限法の関係から金利が下がることがあります。それのメリットがあるまとめローンならお得です。
 
entaityuu648.jpg
 

まとめローンのデメリット

多重債務者のままでは、返済が大変ですが、選択して債務整理をすることができます。
しかし、まとめローンにしてしまうと、それが不可能になります。

また、金利が低いまとめローンでも、長期間の返済になってしまうことになります。
というのも、高い金利で短期間と低い金利で長期間というのは、計算上で同じくらいの返済総額になってしまうことがあります。まとめローンの申し込みのときには、このデメリットも計算して下さい。
 

他社延滞中のまとめローン

まとめローンでは、多重債務分だけの借入であり、融資と言っても返済専用です。手元にはお金が入りません。
しかし、返済ができない債務がある多重債務者で、まとめてしまうことができれば、まとめローンとして完済したことになります。そこで、甘い審査を利用してまとめローンとして融資をしてもらうことで、他社延滞中でも借りれたら良いかも?と思う方もいます。
 
entaityuu648.jpg
 

審査通過はわからない

この他社延滞中のまとめローン融資については、いろいろな情報が錯綜しています。

街金や中小消費者金融の戦略として、まとめローンでも完済ができる安定収入なら、他社延滞中でもまとめローンの融資を勧誘する場合があります。その時には、上記に挙げたデメリットで債務者は返済が大変になり、金融業者では大きな利益になると言います。

しかし、他社延滞中では、最悪の信用情報になりますが、中小消費者金融でもまとめローンに借り換えができれば、金融業者がなくなります。完済記録が多くなるほど、自身の信用情報的には良い結果になります。

まとめローンではシミュレーションした上での判断が大切ですが、金融事故情報がなくなるまとめローンの提案は、美味しい話しでもあります。
 

延滞中のまとめローンも厳しいかも?

ただ、この話しはどこの中小消費者金融でも行なわれていることではありません。
まとめローンを採用している中小消費者金融は多いですが、他社延滞中とわかって審査落ちしてしまうケースも少なくないです。また、職業的にも安定収入だけではなく、比較的高い収入や正社員であることが必要な場合があります。
 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg
 

ブラック対応の中央リテールの他社延滞中の対応は?

金融事故情報があってもまとめローンができるのが中央リテールです。
大手消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠のキャッシングであれば、まとめローン専門業者でのまとめローンがオススメです。しかし、東京の会社まで来店審査ができることが必要であり、地域限定の消費者金融です。
 

何かと話題の中央リテール

まずはブラックリストでも借りれることです。
普通まとめローンでは総量規制対象外にはなりますが、多すぎる多重債務では、審査落ちです。
また、ここの審査通過の条件としては、毎月の負担が大きいことにあります。

高い収入が無くては審査に通らないというのも、難しい点です。
しかし、そこまでしてでも話題になるのが、低金利のまとめローンだからです。
 
entaityuu648.jpg
 

大手消費者金融よりも低金利?

中央リテールのまとめローンは、大手消費者金融のまとめローンよりもお得です。
すでにブラックリストであるのに、低金利のまとめローンでは完済が早くできる可能性があります。
高い返済負担は確実な完済のためです。

毎月7万円超程度の返済ができることが必要ですが、金利は低くなります。
今までのブラックリストが一気に返上してしまうのも納得ですが、多重債務完済が魅力です。
 

もう一つのデメリット

中央リテールの決まりでは、返済中のクレジットとキャッシングを禁止しています。要するに、信用情報に記録がつくような行為ができないので、契約と同時にクレジットカードとキャッシングの解約をすることになります。

無職も低所得も審査落ちになりますが、金融会社としては、とてもユニークであり、ブラックリストで審査通過なら理想的なまとめローンができます。
 
entaityuu648.jpg
 

東京周辺だけ

来店審査必須というのが大きな鍵です。会社に平日に来れる方であり、インターネットや電話で仮審査申し込みのときにはOKだったけれど、本審査では借入ができない場合もあります。

来店審査での審査落ちもあり、ブラックリスト対応の審査ですが内容は多少厳しい点もあります。
申し込みでは、地域で振り分けることになります。
 

他社延滞中の融資は?

なかなか厳しいと言われています。一応6ヶ月以内の延滞遅滞がないこととされていますが、高い収入だったり、月に10万円超の返済可能であれば要相談になります。確実に完済ができる方のも審査に通り、申し込みのときの他社延滞中は大きな痛手です。

しかし、事情を聞きましょうと会社に呼ばれたとしたら、借りれる、融資対象になる場合もあります。
正社員であり、退職の見込みがない仕事であれば、有利になりますが。
 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg
 

他社延滞中したら債務整理しかない?

消費者金融やカードローンなどのキャッシングの多くは保証人が不要です。
大手消費者金融も中小消費者金融も同じです。

不動産担保ローンのように最初から担保が必要なキャッシングもありますが、保証人はなしです。
信用情報だけで審査がされるのですが、金融事故情報がある場合は、慎重な審査になります。
 

ブラックブラック

金融事故情報があるとブラックリストになりますが、最悪の金融事故が他社延滞中の多重債務者です。
これではどんな金融業者の新規申し込みのローン審査は対応しません。

特に融資をしたいときに、他社延滞中であるのなら、そのお金が返済に回ることは承知でしょう。
そんなお金の借り方は絶対にできません。
 
entaityuu648.jpg
 

他社延滞中は諦める?

多重債務者で、延滞してしまうということは返せないことです。
その状態での借入はとんでもないことであり、諦めて下さい。
諦めて、返済をしてから中小消費者金融や街金での申し込みが妥当です。

このときに大手消費者金融の選択は難しいです。
他社延滞は、どんな信用情報でもNGであり、新規申し込みでは良い印象がありません。中小消費者金融の甘い審査では、延滞中だったという過去形が必要なことであり、延滞中だけは回避してほしい事実です。
 

他社延滞中はキャッシング以外にも

キャッシングと言えば、銀行カードローンの延滞中も借入ができません。住宅ローン、車ローンなどの支払いもダメですし、携帯電話の通話料金以外の信販会社の支払い分も延滞の対象になります。通話料金に関しては無関係です。

とにかく返済ができていない信用情報での新規のキャッシングだったり、申し込みではできないと思って下さい。
 

他社延滞中の融資ができる?

ところが闇金だけは、信用情報が無関係です。
最近では、ソフト闇金もあり、ホームページでは金利表示もあります。
内容としては、年率40%超の金利であり、ここも違法業者には違いないです。

ただし、信用情報の内容はみられないのですが、他社延滞中なのに闇金の返済ができないでしょう。
正規の金融業者と違い、闇金の延滞では人生が狂ってしまうほど精神的な追い込みがあります。
他社延滞中のときには、借りる事ができませんので、多重債務の債務整理しかありません。
過払い金返還請求から始まって、任意整理や自己破産などで、他社延滞中の金融事故情報も解決しましょう。

債務整理をすると、延滞中の問題は解決して大きく減額をして返済が楽になります。
他社延滞中の融資はNGであり、債務整理で減額がOKです。
 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg

関連ページ

entaityuu648.jpg