即日 お金借りたい【滞納者/延滞中】問題ありません!延滞者でも借りれる所

お金を借りる即日!滞納者や延滞中の方は大手では無理でしょうが、街金なら問題ありませんよ★延滞者でも借りれる所

entaityuu648.jpg

全国対応 街金 他社延滞 借りれる

2017年11月06日 10時42分

全国対応街金他社延滞借りれるの関連記事

  1. 緊急事態!滞納はまずい…すでに滞納…
  2. 他社からの債務を繰り返すとどうなるの?
  3. 資金繰りが苦しい!多重債務となるとどこも貸してくれない
  4. 延滞はなんとしても避けたいところ
  5. 他社延滞をしたくない!すぐにでも借りれる街金は?
 
entaityuu648.jpg

緊急事態!滞納はまずい…すでに滞納…

お金は天下の回りものと言われていますが、その回らなくてはいけないお金の流れを、カードローンなどの利用者が自らせきとめてしまうのが延滞です。滞納といったほうが馴染みのある人もいるかもしれません。普通に生活をしていてお金が足りなくなるという人もいることでしょう。貯金をしているからお金が足りない、という人は貯金を切り崩してまで借入れをしないものです。

しかし、貯金をしてなくてお金が足りないという人は、借入れをしてしまう傾向があるというのですから不思議です。このことからお金がない人、貯金をしていない人ほど借金などの借入れに走る傾向があるということです。言い方は悪いのかもしれませんが、貯金をしている人はお金を大切にする人なのかもしれません。しかし、お金は急に必要になることが多いので、貯金の有る無しに関係なくすぐその場にお金がないということになれば、借入れもしなくてはいけなくなるでしょう。最初の1回目の借入れでしたら、会社員であれば銀行のカードローンを利用しても大丈夫でしょう。

融資の申込みをする際には審査があることは誰でも知っていると思いますが、これまで銀行から借入れをしたことがないという人はブラックでもありませんから、キャッシングローンの申込みも問題なくクリアすることだと思います。信用情報機関の与信情報もまっさらです。これまで借入れの経験がなかったら当然なのですが、それが逆に借入れの経験がない、すなわち返済の経験もないということで、きちんと返済してくれるのかわからないという判断で審査に落ちる場合があるというのですからカードローンの審査も奥が深いのです。

延滞はしてはいけない

カードローンは銀行などの金融機関だけではなく、消費者金融会社などの金融業者からの借入れもあると思います。借入れをして一番を気をつけなくてはいけないのが延滞や滞納です。これは契約書にもきちんと記載されていることですから当然のことです。

支払日に支払いを行わないということは契約不履行ということになります。延滞しても遅延損害金を支払えばいいのでは?という意見もあります。確かに遅延損害金を支払うことになるのですが、それと同時に信用も失墜していますのです。信用が失墜してしまうと、どうなるのかというと当然のことですが、新しく借入れをすることができなくなるのです。それでも借入れをしなくてはいけないというときは、サイト非公開情報となるような街金といった小規模の消費者金融会社からの借入れしかできなくなるのです。

街金てヤミ金では?と思う人もいるかもしれません。街金とヤミ金は違います。街金は貸金業協会の会員になっているような貸金業者です。ですから、利息制限法や貸金業法などの法律をきちんと遵守している貸金業者なのです。いっぽうのヤミ金は非合法の貸金業者です。ですから、本来なら存在していてはいけないのですが、法の網をくぐって存在し、消費者金融会社のカードローンを利用できない人向けに高利でお金を貸しているのです。

困っている人にお金を貸しているのだからいいのでは?という人もいることでしょう。しかし、金利が利息制限法や貸金業法で決められている上限金利をさらに上回る金利を利用者に課しているのです。そして、延滞しようものなら厳しい取り立てが始まるのはいうまでもありません。ヤミ金に借りて返済に困るようになれば、自己破産したらいいのでは、あるいは債務整理でも、と思う人も少なくないでしょう。

もともとヤミ金は利息制限法などを遵守していませんから、債務整理や自己破産などで債務を帳消しにしようとしてもそれに納得する業者ではないということをしっかりと覚えておく必要があります。

最初は銀行で借りで徐々に他社からの借入れも…

最初は信用の失墜もなく属性も悪くなければ銀行からの融資も普通に受ける事ができると思います。しかし、さらに借入れをしようと思えば銀行から融資を受けるのは難しくなってくることでしょう。さらに借入れが増えると大手消費者金融会社からの借入れもできなくなると思います。

そうなると中小消費者金融会社あるいは街金などの小規模な消費者金融会社からの借入れとなるでしょう。アローやライフティなどがその代表選手の消費者金融会社といえます。もっとも小さな消費者金融会社のほうが借りやすいからといって多額の借入れをしないようにしましょう。それが債務整理への道をひた走ることになるかもしれないからです。これは小規模な消費者金融会社である街金だからというわけではありません。

金利が高いのもあるのですが、街金などの消費者金融会社からの借入れをしなくてはいけないという、利用者側の借金体質があるのです。カードローンは利用しやすい借入れです。融資限度額内であればいくらでも入出金が可能なのです。そうなると借金体質のある人は限度額まで借入れができると勘違いしてしまって、常に融資限度額内まで借入れをしてしまいます。それは融資可能額が限りなくゼロであるということになるのです。

そうなるとお金を借りることはできませんから、返済して融資可能額に余裕ができればまた借りるを繰り返すのです。金利手数料などがありますから、3万円返済して2万5千円の借入れができるということになると返済しても借入れするお金が少なくなっていきます。

考えてみると3万円返済して2万5千円借りるのもおかしな話です。書店などでは、キャッシング必勝法やキャッシング虎の巻なども売られていますからそれらを参考にするとよいでしょう。そのような入出金を繰り返していると信用情報機関にもしっかりと記録されるので注意が必要です。
 
▲メニューに戻る

 
entaityuu648.jpg

他社からの債務を繰り返すとどうなるの?

他社からの債務を繰り返すとどうなるのかというと、どこかで借入れができなくなります。他社債務を繰り返すということは、複数の消費者金融会社からカードローンなどで融資を受けることです。これは、3回ならまだしも4回目以降、5社からの借入れとなると立派な多重債務となります。

これはかなり返済もきつくなることでしょう。消費者金融会社も、そのような債務状況を信用情報機関を通じて知ることになりますから、新たな融資は期待できません。というよりも現在ですら返済に困っているのですから、返済のために借金をするのはわかりきっていることです。

いずれは資金繰りができなくなって破綻することは目に見えているということです。いわば早いうちに任意整理の状態になるということですね。

最初は銀行カードローンか大手消費者金融会社のカードローン

借入れも最初の一つは銀行からのカードローンの借入れができるでしょう。借入れがないのですから、下手な履歴情報なども信用情報機関に登録されていないのですから、正社員で安定した収入があればまず間違いなく銀行カードローンの利用ができるでしょう。

また2回目のカードローンの利用となっても他の銀行のカードローンの利用ができるかもしれませんし、審査に通らなければ大手キャッシング業者のカードローンが利用できるでしょう。しかし、そうした借金体質となるとすぐに3つ4つの借入れをするようになります。

そうなると立派な多重債務者ですから、いずれは資金繰りに窮することになるのです。返済が滞って延滞や滞納をする前になんとか手を打たなければいけません。その場合に頼りになるのがおまとめローンです。

おまとめローンとは?

おまとめローンというのは複数ある債務の一本化です。多重債務となると、それも全て違う銀行や消費者金融会社からの借入れですから、返済日も違うでしょうし金額もまちまちでしょう。返済総額が給料の半分以上となっていたら、さらには給料の3分の2以上となっていたらそれだけですでに破綻状態と考えていいでしょう。

そうなるといつか資金繰りが悪化し返済ができなくなるのは間違いありません。そこでおまとめローンの登場なのです。債務の一本化ですから、多重債務の合計借入れ額が300万円としたら、300万円の借金を一気に返済できるほどのおまとめローンとならなければいけません。言うなれば300万円をおまとめローンで融資をしてもらって、それぞれの債務先の借金を完済するのです。そしてあらたな300万円のおまとめローンを返済していくことになります。

このメリットは債務先が1社になること、そして返済日が一つになることです。気になる返済総額はあまり変わらないかもしれません。月々の返済総額を楽にしたいのですから、金利が変わらなければ逆に返済期間を延ばして月々の返済額を少なくするという手もあります。消費者金融会社からの多重債務で同じような金利の消費者金融会社からのおまとめローンでしたら、金利も変わらないし返済総額も変わらない場合が多いです。

しかし、おまとめローンの最大のメリットは文字通り多重債務を1本にまとめることです。銀行などの金融機関や消費者金融会社などの貸金業者は多重債務者を非常に嫌がります。その多重債務者から脱却したということが大きいのです。

多重債務者ではないのですから、新たな借り入れもできるようになるでしょう。もっとも借金が高額ですから、新たなカードローンの申込みも審査が通らない場合がありますが、それでも返済が一本化しているので精神的に楽になる部分も大きいのです。
 
▲メニューに戻る

 
entaityuu648.jpg

資金繰りが苦しい!多重債務となるとどこも貸してくれない

借金の返済のために借金をするのはいけないということはわかっていても滞納をするのが恐いので仕方のない面もあります。しかし、資金繰りが苦しくなっている人はすでに多重債務状態にある人が多いので、それなりに融資実績のある消費者金融会社を探さなくてはいけないでしょう。

恐らく大手消費者金融会社からの融資は見込めないといえます。多くの消費者金融会社が大手を含めておまとめローンといった金融商品を用意しているのに、おまとめローンすら審査に通らないのが気になるという人もいることでしょう。おまとめローンは文字通り多重債務の一本化なのですが、想定外の多重債務であれば当然ですが審査に通らないことが多いのです。消費者金融会社のおまとめローンは多重債務の一本化というのは謳っていません。

文字のとりようにもよるのですが、多くの場合消費者金融会社のおまとめローンは「複数の債務を一本化」という表現をしていると思います。どこをどうみても多重債務の一本化とはいっていないのです。多重債務というのは一般的には5社以上からの債務を言っているのですが、3社を越える債務、つまり4社以上からの債務を多重債務と呼んでいることが多いのです。

認識の違いもあるかもしれませんが、債務者側から見ると、債務も3件までが妥当と言えます。それ以上の消費者金融会社から融資を受けると多重債務者となるので、新しくカードローンの申込みをしても審査落ちになるのは間違いないといえます。

多重債務はどうしていけないの?


多重債務状態がいけないのは、あきらかに返済に窮しているからです。返済がうまくいっていれば多重債務になることはありません。返済に窮してしまって、滞納してはいけないということで借金の返済に新たな融資の申込みをすることで多重債務になることがほとんどですから、いずれは破綻するのが目に見えているのです。
そういった人が融資の申し込みをしてきても、キャッシング業者が審査に通すことはないのです。インターネットサイトなどでどこか融資をしてくれるところがないのか、口コミ情報などを調べる人もいることでしょう。多重債務ということは個人信用情報機関にしっかりと登録されています。

これは、融資の申し込みをする際に申し込みフォームに他社債務の有無と他社件数、さらに債務総額などを記入する欄があります。審査に通りやすいと過少申告するようなことがあると、それは個人信用情報機関に照会することですぐにわかってしまうのです。

ですから、虚偽の申告ということですぐに審査落ちになってしまいます。本当のことを書いても審査に落ちると思いますが、虚偽の申告は即刻審査落ちとなりますから気をつけましょう。
 
▲メニューに戻る

 
entaityuu648.jpg

延滞はなんとしても避けたいところ


資金繰りが苦しくなると返済も厳しくなってきます。しかしなんとしても延滞は避けたいところです。そのために誰もが新たに融資をしてくれる消費者金融会社を探すことでしょう。大手消費者金融会社がだめなら、中小消費者金融会社に融資の申込みをしようと考える申込者も多いと思います。

しかし、信用情報が悪いとどうしても審査に通る可能性も下がってくるのです。さらに、何度も審査落ちを繰り返すと、俗に申し込みブラックとされてしまうのです。これはどういうことかというと、カードローンなどの融資の申し込みをしたとします。その申し込みに対して審査に落ちたとしたら、その審査に落ちたということが信用情報機関に記録されているのです。その記録は半年間は消えないとされています。

ですから、半年を空けて申し込みをしたらいいのですが、半年待たずに次から次へとカードローンの申し込みをしても審査に落ちたという情報が信用情報機関に記録されていて、それが照会されることでわかってしまうのです。

お金に困っているということがわかりますし、審査に落ちたという事実は何か問題があったのだろうというそれだけで審査落ちになってしまうのです。ですから、申し込みをして審査に落ちた場合は半年はその記録が消えるまで待たなくてはいけないのです。実際には切羽詰まってますからそのように半年間も待てることはないでしょう。ですから、審査に落ちないように確実に審査に通るような消費者金融会社をネットの口コミなどで探すのも一つの手と言えます。

審査に落ちた理由を教えてくれない

銀行や消費者金融会社に融資の申込みをして審査に落ちたとします。申し込んだ側としてはどうして審査に落ちたのか知りたいところでしょう。しかし、審査基準というのは銀行や消費者金融会社によってまちまちです。その金融機関独自の審査基準があるのです。

しかも社外秘という機密事項です。審査に落ちた理由を申込者に教えることは機密を教えるということになります。審査基準がわかってしまうとそれに対応した申込者も現われますから審査基準というのは機密の中の機密事項として扱われているのです。

中には柔軟審査をしてくれる消費者金融会社もあるでしょう。しかし、そのような消費者金融会社でも審査に落ちる人もいます。そのようなときも消費者金融会社は審査に落ちた理由を決して教えてくれないのです。大手業者などは徹底していますから、審査に落ちた理由を聞き出すことはできないでしょう。

漏れ伝わってくる審査基準も銀行や消費者金融会社のOBからだと思いますが守秘義務もあるので、当たり障りのない一般的な情報誌か流れてこないのです。

ダメ元で融資可能限度額の増枠申請をしてみる

意外とできそうなのが、これです。融資可能限度額の増枠申請です。
100万円の融資限度額でしたら、これを150万円の増枠申請をしてみましょう。他社で50万円の融資を受けるのと同じことになります。

すでに融資を受けているのですから、新規での申し込みよりも借入れしやすいかもしれません。この場合も審査を受けることになります。このときに延滞や滞納などをしていると審査に通ることはできません。

少しでも融資を受けたいのでしたら、他社への融資の申込みをするよりも増枠申請のほうが融資を受けやすいといえるので、是非とも検討してみたいところですね。
▲メニューに戻る

entaityuu648.jpg

他社延滞をしたくない!すぐにでも借りれる街金は?

消費者金融会社に数多く申し込みをして申込みブラックになっていたら何度申し込んでも審査に通ることはありません。特に多重債務状態でしたら、大手業者の審査は無理でしょう。

電話相談なども受け付けている消費者金融会社でも相談には乗ってくれるでしょうけど、融資の申込みをしてもやんわりと断られてしまうと思います。審査に落ちるとその理由を知りたいものですが、審査基準は非公開となっているので教えてくれることはありません。

すでに申込者がブラック情報化していてもそれを教えることもないのです。ですから、いつのまにかブラックとなっていてもそれをする術はないということになります。一般的には債務整理をする状況になると確実にブラックになっていると考えていいでしょう。


借りれる街金は?


全国対応している消費者金融会社のほうが何かと便利なのですが、街金と呼ばれる消費者金融会社は小規模ですから、店舗も一つというところが多いです。それでも、中には住所がはっきりしていて、電話連絡が確実にとれる人は全国対応で融資をしてくれるところもあるのです。

また、信用情報機関に照会することなく独自審査をする街金もあります。そういった街金では、申込者が多重債務社であってもそれがわかりません。ということは新しく融資を受けることも可能となっているのです。実際に本人のそのときの属性だけで審査するので、多重債務などは関係なく独自審査が行われ、うまくいけば借入れができることでしょう。

ネットの口コミ情報なども調べたほうがいいです。借りやすい業者としてしばしば共済クレジットという貸金業者が検索にも出てくると思います。確かに貸金業者なのですが、審査に通らないとなると債務整理を勧めてくる貸金業者です。説得力があり、わらをもすがる思いで相談に来ているのですから、本来なら債務整理をしたくないからなんとか借り入れができないかと相談にくる申込者に債務整理などを取り扱う弁護士を紹介するのです。

言葉巧みですから、切羽詰まっている債務者はひとたまりもなく説得に応じるということですね。実際に債務整理をしたほうがいい人が多いですから、この方法もそれほど悪いというわけではなく、債務者側としても背中を押されることでふんんぎりがつくということもあるようです。

結論として、信用情報機関に加盟してなく、審査も独自審査を行う街金からの借入れが最善です。もっともその場しのぎの借入れであるのは間違いないのでそのあたりはしっかりと自分で納得しておかなくてはいけないでしょう。

 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg
entaityuu648.jpg