即日 お金借りたい【滞納者/延滞中】問題ありません!延滞者でも借りれる所

お金を借りる即日!滞納者や延滞中の方は大手では無理でしょうが、街金なら問題ありませんよ★延滞者でも借りれる所

entaityuu648.jpg

他社から延滞 キャッシング

2018年04月04日 13時45分

  1. 他社から延滞している時はどこからキャッシングすべき?
  2. 他社から延滞していてキャッシングしたい時は街金
  3. 他社から延滞している人がキャッシングするためのポイント
  4. 他社から延滞している人のキャッシングは「おまとめローン」
  5. 他社から延滞している人はなぜキャッシングしにくいのか
 
entaityuu648.jpg
 

他社から延滞している時はどこからキャッシングすべき?

他社の支払いに遅れがある場合、
新規のキャッシングの審査には、通らない場合があります。
そんな時オススメなのが、中小消費者金融会社です。

中小消費者金融をオススメできる理由を、ご紹介します。
 

他社の延滞がある人は大手では厳しい

他社の遅延や延滞がある人は、
大手消費者金融や、銀行カードローンの審査は厳しいです。

そんな人は、中小規模の金融機関がオススメとなります。
特に目を向けてほしいのが、小規模の金融業者です。

大手以外の消費者金融は、
CMなどの広告に力を入れていないため、知名度があまりありません。
そのため、幅広い利用客を増やすために、様々な努力をしています。

自己破産している人や任意整理をしている人、
過去に債務整理をした人でも、どこかに返済能力があれば、
融資してもらえる可能性があります。

遅延や延滞がある場合は、
なぜ、そうなっているのかを判断して、
返済能力があるのかを、審査します。
 
entaityuu648.jpg
 

地元に密着している消費者金融に目を向けてみよう

審査が柔軟な傾向があるのが、
地元に密着している、規模が小さい消費者金融です。

このような消費者金融は、
地元の人に優遇して、審査をする傾向があります。

少し条件が良くないお客さまにも、
どこか融資ができる要素がないのか探してくれて、
少しでも、返済能力が見込める場合は融資してくれることもあります。

遅延や延滞のことも考慮してくれ、
あまりひどくない場合は、審査の対象としてくれることも期待できます。
 

対面与信の消費者金融の場合は審査が柔軟な場合もあります

地元密着の、規模が小さい消費者金融業者の中には、
対面与信という店舗で、面と向かって、
審査を行う消費者金融もあります。

このように、面と向かって審査を行う消費者金融は、
申し込み者の人柄や、雰囲気も加えて、
審査をしてもらえる傾向があります。

他社で審査落ちした人でも審査に通る傾向があるので、オススメです。

対面与信の場合は、融資実行となった場合、
その場で手渡し融資してくれることもあり、
銀行の営業時間を気にせず、即日融資となることも多くあります。

他社を遅延してまでお金を借りたい人には、
うれしい条件ですよね。
 
entaityuu648.jpg
 

小規模の金融業者には闇金も紛れているので注意

小規模の金融業者のほとんどが、正規の消費者金融ですが、
事業登録をしていない、闇金と呼ばれる非正規業者も含まれています。

闇金は違法な存在であり、営業活動も、
不法なやりかたで行っていることが多く、
金利設定や、脅迫的なことまで、ひどい状態です。

闇金業者と正規の消費者金融の違いは、
貸金業の許可を、持っていることです。

小規模の消費者金融をご利用する場合は、
ホームページに記載ある貸金業の許可番号を、
必ず、確認するようにしましょう。

ホームページのトップページに、
貸金業の許可番号が書かれている場合は、正規の消費者金融です。
 

返済が見込めない人は小規模でも審査に通りにくい

小規模の消費者金融は審査に柔軟ですが、
誰もが、審査に通るという訳ではありません。
返済が見込めない人は、審査落ちしてしまうこともあります。

融資をする側は、返済能力がある人にしかお金を貸しません。
そのため、他社から遅延や延滞をしていても、
返済能力が、少しでもなくてはいけません。

審査通過が気になる場合は、
前もって電話で、相談をしてから申し込むといいですよ。

いかがでしたでしょうか。

他の金融会社から返済遅延や延滞している人でも、
小規模の消費者金融であれば、
キャッシングできる可能性も、ないとはいえません。

しかし、100%融資を受けることが、
できるかというと、そうではありません。

可能性として申し込みをしてみて、
キャッシングができるかどうか、
チャレンジしてみるといいですよ。
 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg
 

他社から延滞していてキャッシングしたい時は街金

他社から延滞していて、
キャッシングしたい時は、街金に目を向けてみましょう。
街金なら、審査に優遇してくれる可能性があるかもしれません。

他社から延滞していてキャッシングしたい時に、
街金がオススメの理由を、まとめてみました。
 

他社から延滞していてキャッシングしたい時は街金

他の金融機関のご利用を延滞していて、
他にキャッシングしたい場合は、
街金なら、可能性があるかもしれませんよ。

街金は、金融機関の中でも小さい金融業者です。
小さい企業ですので、あまり情報もなく不安に思うかもしれません。
街金は金融業者としての規模が小さいだけであって、正規の金融業者です。
そのため、安心してご利用することができます。

街金は小さい企業ですので、審査の基準が低く柔軟です。
ちょっとした金融事故の人でも、審査の対象にすることがあるので、
他社から延滞している人でも街金なら、
融資に繋げることができる可能性が、高くなります。
 
entaityuu648.jpg
 

街金の審査は本当に甘いのか

気になるのは、街金の審査は本当に甘いのか?ですよね。

街金の口コミをチェックしてみると、
他社延滞でもご利用できたという、声も見かけることがあります。
そのため、可能性がないとはいえないのです。

街金の審査では、自社審査を取り入れているので、
大手消費者金融や銀行カードローンのような、
自動審査を取り入れていません。

大手消費者金融や銀行カードローンは、
延滞や遅延があれば、真っ先に落ちる仕組みとなります。

しかし、街金はその会社独自の目線での、審査を行うので、
遅延や延滞があっても、他に支払い能力があると判断してもらえれば、
審査の対象と、してもらえることがあるのです。
 

街金は人柄なども審査の対象となることがある

街金の中には、対面与信といって、店舗に直接出向いて、
面と向かって、審査を行う方法を取り入れている場合があります。

対面での審査の場合は、
見た目などの、人柄重視で審査をする場合もあります。

そのため、遅延や延滞などの良くない情報があっても、
見た目が、プラスされることで審査に通ることもあるのです。

対面与信の場合は、
身だしなみをきちんとして、
審査を、受けるようにしましょう。

また、電話での受け答えも、審査の対象とする場合もあります。
電話できちんとした受け答えができる人は、その部分も審査の対象となります。
スムーズに答えて、電話のオペレーターさんに、好印象を与えるようにしましょう。

言葉が詰まると、印象が悪くなってしまうので、
話すことを事前に予想して、メモに取ったものを、
目の前にして、お話をするといいですよ。
 
entaityuu648.jpg
 

使用目的の理由に気を付ける

他社から延滞していて、
キャッシングしたい人の融資目的は、返済に充てることですよね。
でも、それを正直に伝えてはいけません。

借入れの理由が他社への返済なんて、そんな人に融資してあげたら、
100%返済してもらえないと、判断されるからです。

他社への返済が、キャッシング目的であっても、
旅行や冠婚葬祭など、無難な理由を、
使用目的として伝えるようにしましょう。
 

嘘の報告は絶対にしない

他社から延滞していて、
キャッシングしたい時は、多重債務者の人が多くいます。

そのため、他社からの借金額や件数に対して、
嘘をついてしまう人も少なくないようです。

確かに、少ない他社借入れ件数や金額を言った方が、
審査に通りやすい気がしますよね。

でも、金融業者というのは嘘を1番嫌います。
嘘がある時点で、審査の対象とはしません。

街金も他の消費者金融と同様に、
審査の際には、個人信用情報を閲覧して他社のご利用状況を調べます。
そのため、嘘をついてもすぐにバレてしまうのです。
そのため、絶対に嘘の内容は伝えないようにしましょう。

他社からの借入状況を正直に話して、
その上で、審査を受けるようにしましょう。

遅延や延滞があっても、多少の悪さでしたら、
審査の対象としてくれることも、十分期待できます。

いかがでしたでしょうか。

他社から延滞していてキャッシングしたい時は、
街金のご利用を、検討してみましょう。
もちろん、延滞や遅延をしているので、審査は厳しいと思います。

しかし、金融機関では1番規模が小さい金融業者なので、
申し込んでみる価値は、十分にあると思います。
 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg
 

他社から延滞している人がキャッシングするためのポイント

他社から延滞している人が、
キャッシングするためには、
このようなポイントに、目を向けてみましょう。

もしかしたら、融資に繋げることができるかもしれませんよ。

他社から延滞している人が、
キャッシングするためのポイントを、ご紹介します。
 

現在の延滞を改善してキャッシングを受けよう

1番は、他社からの延滞を改善して、
キャッシングを受けることです。

他社からの延滞は、個人信用情報に5年載りますが、
解除された跡があれば、融資につなげてくれる消費者金融はあります。

誰かにお金を借りたり、仕事を増やしたりして、
まずは、延滞の状態を改善してみましょう。

延滞や遅延というのは、消費者金融が1番嫌がるポイントです。
その理由は、他社の延滞や遅延をする人は、
融資しても、延滞や遅延をするかもしれないと、判断されるからです。

貸しても戻ってくるか、
わからないような相手には、貸せないですよね。

遅延や延滞の状態が、無くなるだけで、
金融業者の対応は、ガラっと変わりますよ。
 
entaityuu648.jpg
 

独自審査の消費者金融に申し込んでみる

自社で、独自の審査を行っている消費者金融は、
他社で、なかなか審査に通らなかった人でも、
審査の対象としてくれます。

遅延や延滞は好かれませんが、
独自審査の消費者金融であれば、可能性が出てきます。
 

延滞や遅延でもキャッシングできる金融業者に申し込んでみる

消費者金融の中では、遅延や延滞でも、
審査可能とうたっている、消費者金融もあります。

このようにアピールしている消費者金融は、
延滞や遅延でも、審査の対象としてくれる場合があります。

ただし、このようなアピールをしている金融業者の中には、
闇金のような悪徳業者が、含まれていることもあります。
そのため、注意が必要です。

貸金業の許可番号や連絡先など、
きちんと調べて、ご利用するようにしましょう。
 
entaityuu648.jpg
 

口コミで遅延や延滞でも融資OKと評判の消費者金融に申し込んでみる

消費者金融の評判というのは、
インターネット上にも、多く飛び交っています。

そのような口コミをチェックしてみると、
延滞や遅延でも審査の対象にしてくれたという、
消費者金融の情報を、見かけることがあります。

そのような消費者金融に申し込んでみると、
意外と、審査に通る可能性も夢ではないですよ。

いかがでしたでしょうか。

他社の遅延や延滞がある場合は、このような部分に目を向けて、
キャッシングができるように、みちびきましょう。

他社の遅延や延滞があっても、
お金を借りることが、できない訳ではありません。

できれば、遅延や延滞の状態は改善して、
キャッシング申し込みをしましょう。
 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg
 

他社から延滞している人のキャッシングは「おまとめローン」

他社から延滞や遅延をしている人は、
なかなか、新規のキャッシングはできません。
そんな人にオススメなのが、おまとめローンです。

なぜ、他社延滞の人でキャッシングしたい人におすすめなのか、
理由やポイントをご紹介していきます。
 

他社から延滞している人のキャッシングは「おまとめローン」

他社から延滞しているということは、ブラック状態です。
今現在金融ブラック状態なのに、
新たに借金をしてしまうと、もっと大変なことになってしまいます。

他社から延滞しているブラック状態なのですから、
もう頑張ってキャッシングをしようとは、思わないことが1番です。
延滞状態で審査を受けても、審査には通りにくいです。

100%審査に通らないとはいえませんが、
可能性が低くて、疲れてしまう可能性もあります。

これ以上追加でキャッシングせず、
おまとめローンに、目を向けてみませんか?
 
entaityuu648.jpg
 

他社延滞の人に受けてほしい「おまとめローン」

他社延滞をしている人は、
多重債務者の人が、大半だと思います。

3社や4社など、多くのカードローン会社から、
お金を借りているのではないでしょうか。

3社や4社を毎月返済していくのって、想像以上に大変ですよね。
そこでぴったりなのが、おまとめローンです。

おまとめローンというのは、複数の借金を1本化できる返済方法です。
借金を1本化することで、支払いが月1回になり、
返済金額も、少なく抑えることができます。
多くの借金を1つにするので、当然大きな1つの借金となります。

毎月の支払いを少なくして、進めることが大半なので、
支払い期間は、長くなってしまいます。
それでも月々の支払いが楽になることで、生活が楽になっていきますよ。
 

おまとめローンは、総量規制外でご利用できる

おまとめローンを利用したいけれど、
利用できるか、心配という人もいると思います。
おまとめローンは、総量規制外です。

そのため、今あるローンの金額の多さとは、全く関係ありません。

おまとめローンが総量規制外の理由は、
今ある借金を全て寄せ集めたものを、
1本化して返済するので、新しい借金ではないからです。

そのため、総量規制は気にせずにご利用ができます。
 
entaityuu648.jpg
 

個人信用情報機関の履歴に載らない

おまとめローンのご利用は、個人信用情報機関に履歴には載りません。
そのため、他社が個人信用情報を閲覧しても、
おまとめローンのご利用は、バレません。

個人信用情報に傷が付くことはないので、
安心して、ご利用ができますよ。
 

おまとめローンは審査に通りやすい傾向がある

おまとめローンは、ある程度の属性であれば、
審査に通る可能性は高いといえます。

しかし、おまとめローンの金融業者によっては、
借入れ件数が多すぎる場合は、
審査に通らないこともあるようです。

借入れ件数が多い人は、借入れ件数が多くても、
OKのおまとめローンもございますので、
そちらをご利用するといいですよ。

審査の低さを重視したいなら、
中小消費者金融で行っている、おまとめローンがおすすめです。
 
entaityuu648.jpg
 

おまとめローンのデメリット

おまとめローンは、メリットばかりではありません。
デメリットも、あります。

良い部分だけではなく、悪い部分もきちんと把握して、
おまとめローンを検討するといいですよ。

おまとめローンのデメリットは、以下が挙げられます。
 

過払い金の請求はできない

おまとめローンにしてしまうと、後に過払い金の請求はできません。

過払い金の請求を、
少しでも考えているのでしたら、オススメできません。
 
entaityuu648.jpg
 

返済額が多くなってしまうことがある

数多くの借金を、1つにするのがおまとめローンであり、
まとめた多くの借金を月々少ない返済額で、
長期に渡って返済していきます。

長期の返済期間に対して金利がかかるので、
最終的な返済金額の総額は、多くなってしまうこともあります。

月々の返済額が少なくなるので、仕方ないと思うかもしれませんが、
支払い総額が多くなってしまうことがあるという部分も、
十分に考えるべきといえます。
 

新たな借入ができないことがある

やむを得ず他に借金をしたい場合、新たに借金ができない場合があります。

また、おまとめローンの中には、おまとめローンの返済中に、
新たに借金をしたことがわかれば、契約違反として、
一括返済を、求められてしまう場合もあるようです。

おまとめローンの会社によって、考え方が違うようなので、
おまとめローンご利用前には、
問い合わせておくといいですよ。
 
entaityuu648.jpg
 

おまとめローン詐欺に注意

おまとめローンは、総量規制ができたころから需要が高まっており、
ご利用される人の数が増えています。

それに比例して多くなってきたのが、おまとめローンの詐欺です。
ネットやメールなどで「おまとめローン無料相談」などと宣伝して、
多重債務の人の心理を利用して、様々な手口で詐欺を働いてくるのです。

おまとめローンは、正規の金融業者の、
おまとめローンをご利用しなくてはいけません。

ブラックでもOK!審査甘め!など、
利用者の心理をあおるような業者は、
悪徳業者の詐欺の場合がありますので、絶対にご利用してはいけません。

いかがでしたでしょうか。

他社から延滞していてキャッシングしたい人は、
もう新たに、借金をするのは止めましょう。
1番は、おまとめローンをすることです。

借金が1本化になって、
毎月の支払いも、楽になっていきますよ。
 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg
 

他社から延滞している人はなぜキャッシングしにくいのか

他社のご利用を延滞している人は、
新たなキャッシングの審査に、通りにくいですよね。

なぜ他社の延滞をしていたら、
新たな借金がむずかしいのか、ポイントをご紹介していきます。
 

他社からの延滞している人はなぜキャッシングがむずかしいのか?

他社からのご利用を延滞している人は、
新たなキャッシングが、むずかしいです。

その理由は、ブラック状態だからです。

延滞というのは、一般的に61日以上または、
3カ月以上返済が遅れると、延滞扱いとなってしまいます。
延滞は金融事故ですので、信用情報機関に登録されてしまいます。
いわゆる、ブラックリストに載っているっていう状態です。

3カ月程度の返済遅れを遅延といい、それ以上が延滞となります。

個人信用情報に載ってしまうと、
金融会社や他の金融機関も、信用情報として閲覧できます。

消費者金融会社だけではなく、銀行や信販会社、
クレジット会社にも延滞している情報というのは、
筒抜け状態となってしまいます。
 
entaityuu648.jpg
 

個人信用情報に延滞が記載されているうちは審査に通らないのか

個人信用情報に延滞が記載されると、
遅延解除から、5年間掲載されてしまいます。

一般的に個人信用情報に、
延滞情報が記載している間は、審査の対象とはなりません。

銀行や大手消費者金融の場合は、全て審査の対象外です。

ただし、中小の消費者金融には審査への柔軟さがあり、
ほとんどの場合、遅延の記載後1年以上経っている場合は、
審査の対象としてくれます。

その理由は、1年も経過していれば、
返済能力に問題はないだろう、と判断してもらえるからです。

また、規模の小さい消費者金融であれば、
今現在延滞していなければ、審査の対象とする業者も多くあります。

もしも延滞状態が改善できるのであれば、
小規模の消費者金融や、街金の審査を受けると、
審査に通る可能性も、考えられます。
 

延滞は金融業者が想像以上に嫌うポイント

延滞というのは、金融業者が嫌うポイントです。

その理由は、他社の返済すらまともにできないのに、
新たに貸してあげても、きちんと返済できるのか?
と、思われてしまうからです。

確かに、他社でまともに返済期日を守れない人が、
新たに貸してあげた分だけ、
まともに返済をしてくれるわけがないですよね。

たかが延滞と思うかもしれませんが、
消費者金融側のイメージは、グっと下がってしまいます。
 
entaityuu648.jpg

遅延はブラックではないの?

延滞と似たような名称に、遅延という言葉があります。
遅延は、一般的に2か月以内の返済の遅れの状態を指します。
金融業者によっては遅延の期間が、短い場合もありますので、注意が必要です。

遅延というのは、個人信用情報には掲載されません。

その理由は、遅延というのは、
金融業者の社内での内部情報としてとどめるからです。
遅延してしまった消費者金融の社内の情報としては残りますが、
その社内だけの情報なので、他社に伝わることはありません。

ただし、金融業者によっては、
長期の遅延や、遅延の回数が多い場合は、
個人信用情報に、掲載してしまう場合もあります。

あくまで、各金融会社の判断となります。

そのため、少しの遅延だからと安心してはいけません。
 
entaityuu648.jpg
 

延滞を続けていると強制解約も

延滞を続けていると、
強制解約になってしまうこともあります。

強制解約になったことは、個人信用情報にも掲載されてしまいますので、
他の消費者金融会社も、その情報を目にすることができます。

新たに他社でキャッシングをしたいどころか、
今まで使えた金融業者が、強制解約になってしまい、
その流れで、他のご利用している金融業者も、
解約になってしまうこともあります。

支払いができないから、延滞してしまうのだと思いますが、
延滞というのは、信用を大きく下げてしまいます。

延滞は長く続けず、できるだけ早く改善するようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。

延滞状態では、新しくキャッシングしにくいことが、よくわかったと思います。
とにかく、延滞という状態は良くありません。

なるべく早く延滞を改善して、
キャッシングの審査の、対象となりやすい状態になりましょう。
 
▲メニューに戻る

entaityuu648.jpg
entaityuu648.jpg