即日 お金借りたい【滞納者/延滞中】問題ありません!延滞者でも借りれる所

お金を借りる即日!滞納者や延滞中の方は大手では無理でしょうが、街金なら問題ありませんよ★延滞者でも借りれる所

entaityuu648.jpg

生命保険の契約者貸付の利用でお金を借りる カードローンより絶対イイ

2018年08月09日 11時04分

お金を借りたい方の中で、解約返戻金がある生命保険に入っている方、カードローンの前に検討してほしいキャッシングがあります。契約者貸付制度です。
 
entaityuu648.jpg
 

大手生命保険なら

クレジットカードや、カードローンのような契約者カードを受け取っていないでしょうか?
金融機関のATMで自由に引き出しができると説明を受けている方、そう言えば保険外交員がそんなことを言っていた?と記憶にある方も。

そうです。最近は、生命保険会社でカードがある保険もあります。
これは、生命保険の部分とは別に、ファンドや解約返戻金として積立ている部分は自由に引き出しができます。
それもカードで自由に、です。キャッシュカードのような感じで使えるのですが、あくまでも貸付です。
 

生命保険会社という金融会社

大手生命保険では、金融会社の側面があり、解約返戻金は契約者がもらえるプラスアルファ、または毎月の保険料の一部の積立です。満期になれば満額でもらえる部分は引き出しができます。ということは、自分のお金を先に引き出すという感覚でOKですが、まだ生命保険のモノですから、貸付です。

満期の時満額で受け取りたいのなら、返済をしなくてはならないのですが、利息があります。
それは、契約時の積立の利回りの部分で、現在は2~3%程度です。
この生命保険の契約者貸付に関しては、審査もなく、原資は自分のお金です。
満期の時に受け取りは少なくて良いと言うのなら返済しなくても良い。
最悪解約でOKなら、自由に引き出しができます。
 
entaityuu648.jpg
 

生命保険を維持していくために

それでも限度額として、解約返戻金の90%であり、貸付ですから完済しなければ利息は徴収されます。
融資ではなくあくまでも借りたお金ですから、返済しないとずっと金利はかかってしまうことになります。

満期が100万円、利回り3%とします。
50万円を借りた場合、返済は50万と金利15,000円です。
50万円の完済をしないと、金利は返済が残っている間は発生してしまうことになります。
程なく満期になっときには、残り50万円か金利分が引かれることになります。
 

保険料は払い続けることに

この保険料だけでは返済したことにならないです。生命保険と金融会社の部分は引き離して考えることになりますが、生命保険の特約の部分は保険料を払っている間は継続しています。生命保険の機能を残しつつ、現金を入手することができますが、これは借金ではないです。受け取るはずの金額は、自分の物です。

貸付の名前は付きますが、個人信用情報も関係なしで、カードローンのよう名審査も全く関係ないです。
ですから、借金をするよりもこちらの貸付が良い方法です。
金利も消費者金融や銀行カードローンと比較をしても、10%以上低い内容です。
 

そして、とっておきの話し

契約者貸付制度を利用してしまい、生命保険の内容はそのままですが、返済の意思がない時には、保険会社に生命保険の見直しをしてもらう事もできます。違う生命保険にすることで、契約者貸付の返済をチャラにすることができます。貸付の返済もなく、新しい生命保険に入るということです。

なんとなくマジックのようですが、保険会社としても損のない取引なのです。
ちなみに、生命保険も加入して一定年数が経っていることが必要です。
自身の加入している生命保険で、契約者貸付ができる?最初にカードをもらった方は、可能性大です。
 
entaityuu648.jpg
entaityuu648.jpg