即日 お金借りたい【滞納者/延滞中】問題ありません!延滞者でも借りれる所

お金を借りる即日!滞納者や延滞中の方は大手では無理でしょうが、街金なら問題ありませんよ★延滞者でも借りれる所

entaityuu648.jpg

少し怪しい中小消費者金融の情報です

2018年06月21日 09時36分

消費者金融会社と名乗ることができるのは、金融庁の登録をした業者だけです。
貸金業として正規金融業者であることは、貸金業法の範囲内でのキャッシングをすることです。
そこには、ブラックに貸してはならないとはないです。

厳密に言えば、それぞれの金融業者で、審査基準を作っています。
その範囲内で大手消費者金融では厳しい内容が多い。中小消費者金融では甘い内容が多いと言えます。
ですから、ブラックリストになった場合、大手消費者金融では借り入れができないけれど、中小消費者金融では甘い審査で借り入れができる人はいます。
 
entaityuu648.jpg
 

ブラックになんか負けない

何が負けないのか?というと、ブラックとは金融業者が決める金融事故です。
大手消費者金融では、多重債務であったり、短期間に何回も借り入れ、何回の他社申し込みだけでブラックにしてしまいます。こんなに短期間で借りたり、申し込みをする人はブラックリスト立とうことです。

中小消費者金融では、それが年収3分の一以内の総量規制範囲内であれば、理由を告げることが借りれることがあります。大手消費者金融では借りれないことでも、中小消費者金融では借りれる。
これが、ブラックでもお金を借りる方法です。
 

中小消費者金融の申し込み

基本的には大手消費者金融と同じです。
インターネット、電話等で申し込みができます。
その際に、申し込みにおいて、個人信用情報機関で異動情報があることはわかってしまいます。

異動情報とは、個人信用情報機関上の金融事故です。
大手消費者金融では審査落ちをしている事実もわかってしまうのですが、関係ないです。
淡々と審査が続き、中小消費者金融で注目したいのは、返済ができるかどうです。
 
entaityuu648.jpg
 

中小消費者金融の審査

大手消費者金融と違うのは、直接電話で確認をしたり、話しをします。
その時に金融事故の経緯や、なぜそんなにお金が必要なのかを聞かれることがあります。
そして、同時に返済能力の確認を行っていくことになります。
それができれば、中小消費者金融での審査に通ります。

情報サイトでは、多重債務や債務整理などで、この程度とかあの程度という数字もあるのですが、実際には申込者と担当者の間の真意関係も大きいと言います。
 

一応の審査基準

延滞はしていない、収入がある方。4社までの多重債務であり、総量規制範囲内のキャッシング。
大方の中小消費者金融の審査基準はこれです。

しかし、口コミでは、5社の多重債務ができたとか、総量規制ギリギリだけど、少しはみ出たキャッシングができる等の報告があります。どんな状況の会話までのデータはないのですが、中小消費者金融の申し込みでは当たって砕けろの精神が必要とのことです。貸金業者としては、正規金融業者であり、違法なことはないはずですが、ここは人間が担当者です。

最大限の忖度のようなものは、ないとは言えないです。
ただし、その信頼を裏切る事をすることは、中小消費者金融を欺く事になり、報復は怖いです。
 
entaityuu648.jpg
entaityuu648.jpg