即日 お金借りたい【滞納者/延滞中】問題ありません!延滞者でも借りれる所

お金を借りる即日!滞納者や延滞中の方は大手では無理でしょうが、街金なら問題ありませんよ★延滞者でも借りれる所

entaityuu648.jpg

借入があっても借りれる

2017年10月13日 17時11分

  1. 他社債務がある場合もきちんと報告すること
  2. 総量規制があるけれど借りれるの?
  3. 審査に通るか不安な場合はどうしたらいい?
  4. 銀行カードローンが一番だけどどうしたらいい?
  5. どうしても融資を受けたい!
entaityuu648.jpg

他社債務がある場合もきちんと報告すること


金融機関に融資の申し込みをすると必ず記載しなくてはいけないのが、他社からの借り入れがないかということです。
カードローンの申し込みには必須のこの事項となっているのですが、消費者金融会社のカードローンや銀行カードローンの申し込みで、少しでも融資を受けたいと思うでしょう。
そうなると、他社からの借り入れがあっても、「借り入れ無し」と記入する人もいるかもしれません。
そうすると、審査に通りやすいのではないかと考えるわけです。
しかし、金融機関は信用情報機関に加盟しているので、申込者本人の照会を信用情報機関に対して行います。
そこに加盟している金融機関に残債がある場合はすべてわかるようになっているのです。
ですから、自己申告の他社からの借り入れはたとえ、ゼロと記載しても実際に借り入れがあればすぐにわかってしまいます。
虚偽の記載はそれだけで審査に通ることはありませんから、1円たりとも合わなくてはいけないというわけではないので、万単位あるいはもっと大ざっぱでも構わないのできちんと記入するようにしましょう。
消費者金融会社からの借り入れでは、総量規制があるので、それほど多くの借り入れはできないようになっています。
この総量規制というのは、年収の3分の1までしか借り入れすることができないというものです。
銀行は総量規制対象外ということですから、まさに消費者金融会社の過剰融資を防止するための措置と言ってもいいでしょう。
もっとも、一般の人で自分の年収くらい借金があると、返済できるのか不安になるでしょう。
さらに、もっと融資の申し込みをしようと思ったら、消費者金融系カードローンでしたら、総量規制があるために新たな借り入れはできません。
そのあたりも念頭に入れておかないといけませんね。
銀行や消費者金融会社などの金融機関は、他に残債がある人からの融資の申し込みに対して審査は慎重に行います。
というのも、返済に窮して融資の申し込みをしているのではないかと思うからです。
実際に、借りる側としてはそれが本音であることは間違いありません。
お金が必要だから融資の申し込みをしているのですから当然です。
もっとも、その場をなんとかしのげばいいと考えていると、金利の高いカードローンでもなんでもいいということになってしまいます。
そのあたりは金融機関も見抜いています。
そして、先述したように他社債務があった場合、自己申告意外にも信用情報機関への照会でわかるようになっていますから、残債があればきちんと申告しなくてはいけません。
多重債務に陥った場合は、おまとめローンや借り換えローンなどを活用した方がいいでしょう。
おまとめローンには大きな利点が2つあります。
1つは、名前のままなのですが多重債務を1つの債務にまとめることができるという点です。
1つにまとめるということで多額の融資を受けなくてはいけません。
ですから、カードローン審査も厳しくなりそうですが、可能性を信じてしっかりと申込むようにしたいものです。
融資対象に制限はありません。成人以上でしたら、誰でもOKです。
ただし、高齢者は無理で60歳くらいまでの年齢制限をしている金融機関がほとんどとなっています。
おまとめローンのメリットは返済の総額を減らす効果が期待できることです。
多重債務で利息を含めて、全体で200万円あったとしたら、おまとめローンにすると返済総額が190万円になる可能性があるのです。
それは金利差によるものですが、そうなると月々の返済額も少なくなるので、多少でもゆとりのある生活ができます。
カードローンですから、融資限度額内であればいくらでも出金(借金)ができるのですが、それもおまとめローンにしたら、多重債務の時代よりも楽になるでしょう。
もっとも、金利の高い消費者金融会社のおまとめローンにしたら、反対に返済総額が増えるケースもあるので注意したいところです。
おまとめローンの金額が高額になると、保証会社に保証を頼まなければいけなくなるケースもあります。
ややこしいのですが、保証会社の保証が得られれば総量規制の対象外となるのです。
特に個人事業主の場合はこのケースが多くなるようです。
もう一つの利点は、債務を1つにすることで、万が一他の金融機関に融資の申し込みをするときに審査に通りやすくなるというものです。
これは多重債務ではないですから、金融機関の心証も良くなると言うことですね。
じつは、多重債務からおまとめローンにする狙いはここにあります。
ですから、先述していますが、金利の関係で多少でも返済総額が上がる場合でも、おまとめローンにしたほうが後々のことを考えるとメリットがたくさんあると考えたほうがいいでしょう。
借り入れがあってもさらに借りることができるというメリットと安心感は計り知れないものがあるのです。
そして、融資は受けなければ意味がありません。
審査に通るためには申込書に虚偽の記載をしないことが最低条件となります。
特に銀行系カードローンは審査が厳しいですから、虚偽が見つかればその時点でアウトとなります。
それは、大手消費者金融機関でも同様です。
銀行では、みずほ銀行カードローンや楽天銀行カードローン、三井住友銀行カードローン、新生銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンなどが人気です。
使い勝手も良く、サービスが良いというのが人気の秘密のようですよ。
さらにおまとめローンとなれば、東京スター銀行などが力を入れているので申し込みをしてみるといいでしょう。
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg

総量規制があるけれど借りれるの?


総量規制というのは、年収の3分の1までしか借り入れができない規制です。
いろいろな抜け道がありそうですが、1社からの借り入れが年収の3分の1というわけではなく、債務総額が収入の3分の1以上であってはいけないというものです。
総量規制をわかりにくくしているのは、抜け道というか規制対象外があることです。
まず、金融機関の中でも銀行は総量規制対象外となります。
ですから、銀行系カードローンは総量規制対象外ですから、審査に通りさえすれば銀行カードローンが設定する融資限度額いっぱいまで借り入れを利用することができるのです。
いっぽうの消費者金融系カードローンでは、総量規制が適用されます。
もっとも、総量規制ができたのは、消費者金融カードローンからの借り入れを減らすためのものです。
そもそも、総量規制というのは貸金業法の中で定められた制度です。貸金業法は貸金業者が遵守しなければいけない法律です。
それでは、銀行は貸金業者ではないのかということになりますが、銀行には貸金業法が適用されないのです。
ですから、貸金業法の中で定められている総量規制も対象外ということになるのです。
法律では銀行は銀行法が適用されるようになっています。
銀行と消費者金融会社などの貸金業者とは明確に分れているということになるのです。
ですから、借り入れがあってさらに借りたいといった場合は消費者金融会社では、総量規制が適用されるので、どれだけ借りているのかが、信用情報機関の照会などですぐにわかってしまいます。
ですから、審査が甘いとされている消費者金融会社でも審査に通ることはありません。
それでは、銀行に融資の申し込みをしたらいいのではと考えます。
審査スピードはクィックというわけではないのですが、審査に通れば金利も低めですから、返済も楽になるでしょう。
しかし、銀行は多重債務というものを嫌っています。
ですから、他に借り入れがあれば住宅ローンを例外として考えても、審査に通ることは難しいといえます。
銀行カードローンをさいしょからドンと借りておいたほうがいいのは間違いありません。
もともと、総量規制というのは個人の借りすぎを防止するためにできたものです。
消費者救済の目的からできたものなのですが、きれい事ではなく、それまで、借金の返済のために新たに借金をするといった自転車操業的な人の多くを自己破産や任意整理に追い込んだとも言われています。
また、総量規制などの法律を遵守しない、さらには利息制限法なども遵守しない、いわゆるヤミ金に手を出してしまった人も少なからずいることでしょう。
限定的な時期かもしれませんが、総量規制が始まった2010年には多くの人が資金繰りに困ったことでしょう。
もっとも、2006年スタートの貸金業法にも謳われていたので、影響は限定的だったという声もあります。
債務があって、さらに借り入れを行う場合、総量規制が心配でしたら、銀行カードローンを申込むのが得策です。
あるいは、配偶者に相談して借り入れの申し込みをしてもらうといった方法もあります。
銀行への融資の申し込みが無理な場合、消費者金融会社などのキャッシング会社にカードローンの申し込みをするようになります。
カードローンは借金ですが、限度額内ではいくらでも入出金を繰り返すことができます。
ですから、ある程度返済しているのであれば、その範囲内でキャッシングを行って、資金を融通するといった方法もあります。
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg

審査に通るか不安な場合はどうしたらいい?


融資を受けるのですから、審査に通らなければどうすることもできません。
大手の消費者金融会社の多くはメガバンクなどの銀行の傘下になっているので、審査も銀行ほどではないにしても厳しくなっているようです。
また、銀行グループに属さない大手消費者金融会社としてアイフルがあります。
審査が甘めということでは決してないのですが、借りやすい消費者金融会社として評価も高く、融資の申し込みをしてもいいでしょう。
あいふるはみずほ銀行と提携しているので、全国のみずほ銀行ATMが利用できるのもメリットと言えます。
すでに、借り入れをしていて、さらに融資の申し込みをする場合は、借入件数が1、2件程度でしたら、銀行カードローンの申し込みも可能です。
もっとも、申し込みの時点で却下されることはありませんから、まずは申し込みをしてみて審査は申込先に委ねるということになります。
それぞれの金融機関が独自の審査基準を持っているのですが、大元は信用情報機関への照会で与信情報を精査します。
これが、もっとも大きな審査基準と考えていいでしょう。
与信情報ですから、申込者の信用度を重視しているということになります。
いくら、大手企業に勤めていて年収も高くても、それ以上に債務があるようでしたら、審査に通ることはないでしょう。もっとも、住宅ローンは借り入れには考えないことが多く、他社からの債務の記載でも、「住宅ローンは除く」と書かれている場合が多いです。
カードローン申込者の多くとは言わないまでも、カードローンをすでに利用してさらに融資をお願いするパターンが多いようです。
基本的にカードローンの申し込みの場合は収入証明書が必要になります。
中小消費者金融会社では収入証明書が不要という場合もあるのですが、申し込みの際は収入証明書を用意しておいたほうがいいでしょう。
収入証明書が必要ないという場合でも、状況によっては提出をお願いする、という但し書きがある場合が多いです。
カードローンの場合は専用のカードが配布されます。
それによってコンビニATMなどで入金(支払い)をしてもいいですし、限度額内であれば、出金(借り入れ)も可能です。
新しいカードローンへ融資の申し込みをするよりも、融資限度額に余裕があるようでしたら、すでに利用しているローンカードから出金したほうが手間いらずと言えます。
多重債務の場合は、対象外という場合もあります。
また、多重債務ではなくても、他社への返済額が多い場合も審査が厳しくなることは間違いありません。
審査に通れば、必要額がすぐに申込者の指定口座に、カードローン会社から入金があります。
契約書が後回しになるくらいスピーディな場合があるので、すぐにでも融資をしてもらいたい場合は、消費者金融会社が有利でしょう。
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg

銀行カードローンが一番だけどどうしたらいい?


銀行カードローンでの借り入れをするにはどうしても、銀行は審査が厳しいのでは?というイメージがつきまといます。
確かに、銀行は審査が厳しく、申し込み者本人の属性を重視します。つまりは返済能力があるかどうかということを審査するのです。
ですから、融資金額にもよるのですがフリーターなど定職に就いていない人は不利になるのは間違いありません。
また、公にしていませんが、銀行の場合は多重債務のある人を審査対象から外しているのは間違いないでしょう。
銀行が恐れているのは、債務の件数というよりも貸付けが焦げ付くことです。
ですので、返済能力の有無が重視されるということですね。
楽天銀行などはその点、個人向けの融資に積極的という評判もありますから、ネット銀行でも良ければ融資の申し込みをしてみてもいいでしょう。
また、先述しているとおり、多重債務となっていて、新たな融資を受けたいときは、そのままでは銀行カードローンの審査をパスするのは難しいでしょう。
おすすめ消費者金融系カードローンとしては、中小消費者金融のカードローンとなるのですが、
多重債務で金利の高いカードローンに申込むのはある意味自殺行為と言えます。
多重債務で、新たな融資の申し込みというのは、健全に借金を返済しているとは捉えられていません。
ですから、銀行などはその時点で審査対象から外してくるわけです。
カードローン各社は同じ考えですから、それでも銀行カードローンを利用したいというのでしたら、残された手は借り換えローンなどで債務を一本化するしかありません。
この場合は、現在の多重債務の状態を説明して、なんとか今よりも楽に返済したいということを金融機関に伝えるのです。
この場合は銀行などでもいいでしょう。
多重債務で延滞無しでしっかりと返済している部分は評価されますし、カードローンの申し込みの目的が多重債務の返済にあるということでしたら、銀行も借り換えの相談に応じる可能性もあります。
頼みの綱としては、それまで返済が苦しくても一度も延滞がないというのが条件になります。
そういった場合のみ、銀行カードローン(借り換えローン)の審査をパスする可能性があるのです。
消費者金融会社では、総量規制があるため新たな融資というのが金額の面で高いハードルとなります。
銀行系のカードローンがどうしてもだめな場合は、消費者金融系の不動産担保ローンなどを活用する方法もあります。
不動産を担保にするので、資産がないとどうしようもないのですが、不動産があればそれを担保に新たな借り入れも可能です。
その場合は、総量規制の対象外となるので、考えてみる価値はあるでしょう。
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg

どうしても融資を受けたい!

例えば専業主婦が、カードローンを利用したいという場合はどうでしょうか。
これは、審査に通る可能性があります。
というのも、専業というのがキーワードになるのです。
専業主婦ということは、仕事をまったくしてなく、主婦業に専念しているということです。
そのような仕事をしていない人にどうして融資ができるのかと疑問に思うことでしょう。
そのからくりは、配偶者にあります。
専業主婦で生活できるということは、配偶者にそれなりの収入があるということになるからです。
その場合は専業主婦の収入証明書よりも、配偶者の収入証明書が必要になります。
このケースでは、専業主婦に収入というよりも世帯収入という考え方になるのです。

複数の借入れがある場合はどうでしょうか。
専業主婦で複数の借入れという場合は、ある意味末期的かもしれません。
また、普通の会社員でしたら、先述したように借り換えローンなどで債務の一本化をするのがまずは最善の道と言えます。
実は借り換えローンができない、審査に通らないという人は、どんどん新たな借入れをする場合もありますから、いずれは破綻してしまいます。
ですから、まずは、債務をまとめることを最優先に考えないといけません。
それでも、支払いは待ってくれませんし、延滞などをしてしまうと、新たな借入れもしぼんでしまいます。
ですから、とにかく返済ありきで融資を考えなくてはいけないのです。
延滞をしてしまうと、その時点で新規の融資はできないということを肝に銘じておきましょう。
延滞さえしなければ、なんとか道も開けてきます。
銀行でも借入れが難しい場合は、消費者金融業者に申込む方法もあります。
ネットなどでもおすすめカードローンなどの照会もありますから、それらを参考にするのもいいでしょう。
複数の借入れがあると、審査通貨率は著しく下がります。
それでも全くのゼロではなく、可能性もありますから、可能性を信じて融資の申し込みをしてみましょう。
各金融機関の公式サイトでは、診断できることが多く、必要事項を記入してそのまま申し込みフォームに飛ぶことができます。
融資可能というメッセージも届きますが、その時点で確定ではないのですが、相談することは可能なので、大いに利用してみるといいでしょう。
すでに債務があり、新規カードローンを組むのは大変だと思いますが、いろいろな事例を参考にして、できるだけ自分の属性を良くして申し込みに臨むようにしましょう。
銀行カードローン、それがだめなら、大手消費者金融カードローン、そして次には中小消費者金融カードローンの順番に申込むことになりますね。
▲メニューに戻る
entaityuu648.jpg
entaityuu648.jpg