即日 お金借りたい【滞納者/延滞中】問題ありません!延滞者でも借りれる所

お金を借りる即日!滞納者や延滞中の方は大手では無理でしょうが、街金なら問題ありませんよ★延滞者でも借りれる所

entaityuu648.jpg
 

お金を借りる カード 延滞

2019年07月16日 12時06分

  1. 大手消費者金融カードローンの延滞中のキャッシング
  2. 延滞をしないために お金を借りるときに最低ルール
  3. 延滞しているのにおまとめローンで借りれた?
  4. 延滞記録があったら中小消費者金融に申し込む
  5. カード延滞がない時にお金は借りましょう。
 
entaityuu648.jpg
 

大手消費者金融カードローンの延滞中のキャッシング

カードローンの延滞をしている状態でお金を借りる事ができるでしょうか?
 

延滞は金融事故

延滞とは、61日以上か3ヶ月の遅延状態を言います。
遅延とは返済をしていないことです。

大手消費者金融カードローンの契約をしていて、1月30日が返済日だとします。
しかし、返済ができず3月1日の時点で延滞中になります。もしくは、4月1日以降です。
この時点での借入ができるのは、大手消費者金融屋銀行カードローンでは無理でしょう。
 
entaityuu648.jpg
 

61日と3ヶ月の違い

延滞には1ヶ月以上のタイムラグがあります。そして、個人信用情報機関の記録とするのも、大手消費者金融などでいつのタイミングなのかが違います。少なくとも、遅滞のときにすぐに個人信用情報機関に記録しない場合は、その間の甘い審査の中小消費者金融で借入ができるタイミングになります。

しかし、さすがに61日以上では、金融事故者となります。
金融機関、金融業者の対応がまちまちであり、まれに延滞中にも借りれたとの口コミがあります。
 

甘い審査の中小消費者金融

中小消費者金融では、信用情報の確認をします。
その時に、データとしてコンピューターで処理しないことがあります。
申込者の信用情報では、今の債務状況を確認して返済記録を見ています。

どうして中小消費者金融に来たのかは、金融事故である大手消費者金融審査落ちなどで確認します。
そのとき遅滞の記録が上がっていないとしても、返済の記録がないことで延滞中もバレることになります。

それでも見過ごしなのか、申込者の返済能力が高いなどの理由で延滞でも借りれる場合があります。一か八かの勝負ですが、中小消費者金融の申込では現在遅延していたり、延滞である自己申告などの項目が用意されています。
 
entaityuu648.jpg
 

そこからの審査

審査では、延滞している理由を問われることになりますが、その金額と返済能力である安定収入、延滞の理由などを総合的に勘案してくれる場合があります。

大手消費者金融カードローンの延滞でも借りれることがあると、口コミであると気になってしまうのですが、大半は審査落ちだと見て良いでしょう。借りれるとしたら、それはよほどの理由があるときであり、簡単に延滞している信用情報ではキャッシングは不可です。
 

信用情報に記録されるタイミングがわからない

しかし、自己申告で実は延滞しているということを正直に述べること。
だから、中小消費者金融での借入をなんとかしたいという要望などが、甘い審査を動かすと言えます。

このようにして説明すると、中小消費者金融での延滞している場合で借りれそうですが、実はそんなに高い確率での審査通過の話しはありません。延滞しているカードローンがあるとしたら、最初におこなうのは延滞部分をなんとかしていくことです。
 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg
 

延滞をしないために お金を借りるときに最低ルール

カードローンやキャッシングのときには、必ず返済可能な金額だけを借りて下さい。
このときに無理して借りたり、途中で遅滞延滞をすることがないようにしましょう。
 

延滞はしない

延滞の前に返済日に返すことができないと遅延、遅滞になります。
返済ができないというのは、そのときの収入などの事情があります。

極端な話しですが、他の物を犠牲にしてでもキャッシングの借入の返済だけはきちんと行って下さい。
無責任な言い方ですが、公共料金、光熱費、保険料などは1ヶ月遅れの支払いが可能です。
すぐに効力が切れたり、水が止まることもありません。

ですから、支払いは犠牲にして、キャッシングの遅滞はしないことです。
この心がけが延滞防止になります。
 
entaityuu648.jpg
 

大手消費者金融カードローンの請求は軽い

最近になって、大手消費者金融では遅滞延滞者に対する取り立てが紳士的な対応になっています。

申込のときの電話番号に電話が来ますが、勤務先屋家族に行くことはありません。
居留守を使ったときに、続けてかかってくることもなく、よる遅くの請求もありません。
そんなことで、遅滞後の電話をいい加減にごまかして行くと、60日はあっという間に過ぎます。

遅滞後では、なんとなく時期が過ぎて、大した取り立てがこないと遅滞に慣れてしまいます。
それが延滞になってしまっている事態です。
 

この境地になると

延滞しているからと知らないふりをしていると、取り立てがたまに来る、請求書が来る程度です。
この間の借入は100%審査落ちですが、最悪逃げ切る方もいます。
それが、最終的には給与の差し押さえなどの裁判になります。

10年間返済しないと時効になると言いますが、借金からの逃げ切りは絶対にできません。
そして、新規キャッシングも無理です。
 

最初の遅滞がNG

ブラックリストがダメというのではなく、返済しない借り方はしないということです。

途中で返済が大変なら、返済額の調整もしてくれます。債務整理も弁護士などに相談ができます。
遅滞からの延滞はすぐになってしまうので、できれば返済ができそうもないときに動きましょう。

返さないというのはルール違反ですが、返済ができないから債務整理というのは、法律でもOKです。
債権者にとっては迷惑なことですが、債務者保護のための特別な法律です。
準備や資格も必要ですが、弁護士と司法書士などにご相談下さい。

延滞していて、どうしようもなく弁護士に泣きつくというのもありです。
返済で不都合なことがあれば、いつでも債務整理を考えてみて下さい。
同じブラックリストでも、延滞と自己破産は全く違います。
 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg
 

延滞しているのにおまとめローンで借りれた?

消費者金融やキャッシングのときには、元金と利息の支払いが必要です。
返済日の支払うことができなければ、翌日から遅延損害金が加わります。

遅延損害金は、普通の利息よりも高いです。
よって、返済日以降の支払いでは、どんどんと返済額が多くなっていきます。
 

延滞になると

返済が遅れるのは、遅滞になります。そこから延滞になるまでには、金融業者によって判断が変わりますが、60日すぎると延滞者になり、個人信用情報機関に記録されることになります。

正真正銘の延滞者です。そうなると、中小消費者金融の審査ですら通らないことになります。
延滞していて多重債務者になってるときには、信用情報の印象は最悪です。
中小消費者金融の借入ができないのです。多重債務はすべて毎月返済をしていくことが必須です。
 
entaityuu648.jpg
 

延滞でおまとめローン

中小消費者金融の審査では、担当者と直接話しをします。
そのときに正直に延滞の事実を告げていき、担当者に信用を得ることで、借りれることがあります。
今回10万円の延滞があるとして、ここで5万円借りたいとします。金利は外して考えています。

10万円の返済では、頑張って行うのですが、とにかく今はお金がほしい。
ただ、どの審査も通らないとき、ある中小消費者金融では15万円の借入とします。
10万円ですぐに延滞している部分は返して、延滞はなくなります。
新たに15万円の債務が抱えるのですが、返済しやすい負担額にしてくれるというものです。

新規キャッシングではなく、完済目的のおまとめローンであれば、自身の延滞がなくなるだけではなく、5万の借入。きちんと毎月返すことで、遅滞も延滞も解消ができます。ただ、この対応はすべての中小消費者金融で同じ対応ではありません。
 

高い属性と高い収入

やはりキャッシングですから、属性が高い正社員湯公務員の申込者は審査も通りやすいです。
これは安定した収入であり、ベースアップ、ボーナスも見込みがあります。
そうした審査の表面にでない審査があります。

そこで、延滞事実とどうしても債務整理ができない理由などの話しができます。延滞そのものはしてはならないことですが、今から完済ができると審査されることで、中小消費者金融の一部ではおまとめローンとして審査されることがあります。

キャッシングの極意としては、延滞しているけれど、返済ができる、そんなことが審査基準になります。
当然の話しですが、延滞の金額は少なければ少ないほうが良いです。そして、収入が安定していて高い方が有利になります。こうした借り方ができたという中小消費者金融の口コミなどは参考にしてみて下さい。
 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg
 

延滞記録があったら中小消費者金融に申し込む

大手消費者金融カードローンの審査では、過去に延滞があることで審査落ちになります。
これは長期、短期の延滞でも同じです。
 

金融事故の延滞

延滞とは、金融業者によって61日か3ヶ月以上の遅滞が続いている状態です。
それがある程度続くことでは、最悪の金融事故になっていきます。

大手消費者金融カードローンでは、過去の金融事故もしばらく時間が経たなければ審査に通らないでしょう。
ブラックリストでは、5年以上は借りられないようです。
 
entaityuu648.jpg
 

ブラックリストと言えば債務整理

債務整理もブラックリストですが、延滞の記録も同じです。債務整理と延滞の大きな差です。

債務整理は自分で返済ができないと思ったときに、弁護士などに依頼して法的に借金減額になります。それは、後審査基準としては過去に借入したけれど、自分から返済の始末をした判定です。

ところが、延滞では返済をしない態度です。それは返済義務を破棄したことであり、債務整理よりも評価がとても低いです。よって、返済をしていなかった、債務整理もしなかったことで、アコムなどの大手消費者金融カードローンでお金を借りるときには、当分借入ができないとなります。
 

延滞後の借入

中小消費者金融の甘い審査なら、過去の延滞記録もある程度無視した内容になります。
それがブラックリスト対応の審査です。過去の延滞については、その理由が正当であれば良いでしょう。

それは、中小消費者金融の担当者が納得いく理由であれば良いでしょう。支払いができる収入が安定していることが必要であり、債務者であったとしても借入ができるのは返済ができるとされることです。

審査では過去のブラックリストだけではなく、これから返済ができるのであれば借入ができることがあります。
過去の金融事故が、延滞であったとしても、理由が正当であることが必要です。キャッシングで作った延滞であったとしても、中小消費者金融の甘い審査なら、解決していることが必要です。

延滞の解決は、債務整理と債権者との交渉になります。
遅延損害金などの交渉で支払いを長期間で返済をしていくか、自己破産などでの解決してからの中小消費者金融の申込が必要です。延滞してしまったときには、そのまま申込をしたり、延滞期間を長引かせないことです。できるだけ早く債務整理をするか、債権者に話しをして完済していく形になります。

ただ、債権回収会社に移行してしまったときには、それができない事態になってしまうので、債務整理しか選択肢がなくなります。それが、最善の方法です。延滞している間の申込はできないのですが、延滞が解決した後の中小消費者金融の申込であれば借りれることがあります。
 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg
 

カード延滞がない時にお金は借りましょう。

お金を借りるときの審査では、延滞の記録がないことが必要です。
甘い審査の中小消費者金融だとしても、審査通過が絶対にできないと言います。
しかし、一部の延滞者では、担当者と直接話しをすることで、提案される商品があります。
それがおまとめローンです。
 

多重債務者に提案のおまとめローン

おまとめローンとは、多重債務分の借入を行う返済専用のキャッシングです。
延滞しているとしても、返済金だけの借入をします。それを一括でできることで、延滞もなくなります。

多重債務は完済ができ、中小消費者金融ではおまとめローンの返済だけが残ります。
それが、100万円以上超えるときには、金利が多少下がることがあります。
延滞がなくなって、低金利になるのは魅力的ですが、総返済額が大きくなってしまうことがあります。
 
entaityuu648.jpg
 

多少損な取引だけど

普通のおまとめローンでは、延滞もなく単なるブラックリストであれば、あまりオススメできない内容です。
高額の総量規制以上のおまとめローンですが長期間のおまとめローンになります。
ただし、延滞している場合は、どんなキャッシングも審査落ちになる可能性が高いです。

ところが、延滞があっておまとめローンできるのなら、信用情報的にも良い影響があります。
ですから、延滞しているときの申し込みであり、キャッシングができるのであれば、乗るのも良いでしょう。

カードの延滞が、キャッシングだけではなくクレジットカード、住宅ローンなどの各種ローンでも延滞があるのは審査落ちになります。金融機関でも延滞があれば、申し込むこともできないのですが、中小消費者金融のおまとめローンは検討していくことになります。
 

または債務整理

中小消費者金融でお金を借りるために、債務整理の選択があります。
延滞している時点、その前のタイミングで、早くに債務整理をしてからの中小消費者金融の申し込みがOKです。

中小消費者金融では、債務整理者の審査では多重債務者だとしても借入ができるチャンスがあります。
それが、ブラックリストでも借入ができることですが、延滞や遅滞の信用情報がないことが必要でしょう。

信用情報での金融事故があるとしても、延滞がないと借りれると言います。
ですから、延滞してしまうことで、個人信用情報機関の改善のためには、債務整理がベストです。
自己破産後などは1年程度かかるのですが、任意整理などでは、比較的早く借りれる中小消費者金融もあります。

延滞したとしても、少ないときに債務整理が有利です。
できれば、カード返済ができないと感じたときの債務整理が最高に良い条件になります。
 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg

関連ページ

entaityuu648.jpg