即日 お金借りたい【滞納者/延滞中】問題ありません!延滞者でも借りれる所

お金を借りる即日!滞納者や延滞中の方は大手では無理でしょうが、街金なら問題ありませんよ★延滞者でも借りれる所

entaityuu648.jpg
 

延滞している状態でも借りられる金融会社

2019年06月26日 09時48分

  1. 延滞しました、その後の正しい対応
  2. 延滞者が借りれる金融会社はない
  3. ブラックリストなら借りれる中小消費者金融だけど
  4. 延滞者が選択することは?
  5. 延滞している?債務整理しかないでしょう
 
entaityuu648.jpg
 

延滞しました、その後の正しい対応

延滞とは、キャッシングでは61日以上返済していない状態を言います。
日数にして2ヶ月は支払いをしていない人を延滞者と言います。
 

大手消費者金融カードローンの返済

毎月返済日があります。
引き落とし、振込、カードなどで返済ができますが、返済日に入金されないと1週間程度で連絡が来ます。
たいてい電話です。申込時に連絡した電話番号にかかってきます。そこで、すぐに支払いができれば、信用情報的には問題がありません。数日なら遅滞にもならないようです。

ここで、実は支払いができない状態であり返済の相談をしたとします。そして、規定の返済日には支払いができないとなったとしても、延滞にはならないでしょう。たいていここで、返済負担を小さくしたり、来月にまとめて2ヶ月分の返済をすることで交渉ができれば、延滞も遅滞も一応はなくなります。

ただし、契約が変わること、今月の返済ができないことでの金融事故者になります。
そして、来月に2ヶ月分の返済をしたのなら、延滞はなく遅滞の記録だけが、過去の信用情報と残ります。
 
entaityuu648.jpg
 

本当の延滞とは

返済日に入金もしない。大手消費者金融からの連絡に対応しない状態です。
または、返す返すと言いながら、約束の日に入金しない状態を61日続けている方です。
入金をしないとまた連絡が来ます。そして、また返済をすると言います。
その繰り返しで、61日過ぎると延滞者になります。
 

気持ちはとてもわかる

確かに、返済はしなければならないと思っている。
電話にでて交渉をするのが面倒、このまま逃げ出したい。
怒られるのは嫌だけど、返せないから仕方がない。

こうした延滞者の中には返せないかに言い張る方もいますが、それは大きな間違えです。
遅滞も延滞もルール違反であり、大手消費者金融では返済ができるような計画の提案もあります。
その交渉の場に上がらないのは自分勝手であり、延滞者の多くは身勝手です。
ただ、逃げたい気持ちはよくわかります。
 

そうだ、金融会社を探そう

どこか、延滞していたとしても借りれる金融会社を探せばいいんだ。
そこでお金を借りて、返済をすると連絡もこないし、ひとまず解決ができます。

これが多くの多重債務の始まりですが、返済日に入金をしていないことは、金融事故として信用情報に記録されています。ということは、延滞者が借りれる金融会社は、よほどの甘い審査のところになります。

今のところ、延滞していても借りれるとされる中小消費者金融はゼロのはずですが。
ここは観念して、大手消費者金融の話を聞くことでしょう。

返済ができない収入であれば、たいてい最初は利息だけても支払いをしてと話がまとまります。
延滞はしたままですが、年月をかけた返済計画によって、延滞の記録だけが残り、あとは返済専用の取引になります。当然ブラックリストですが、61日以上の延滞後に交渉して話をしたのなら、一応は解決です。
 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg
 

延滞者が借りれる金融会社はない

大手消費者金融カードローン、銀行カードローンなどでは、返済日に入金がないと連絡が来ます。
当然中小消費者金融でも連絡が来ますが、その時の対応は大手などとは違います。

中小消費者金融の口コミでも多いのですが、入金がないことで連絡が来た時には、まるで闇金との評判が高いです。中小消費者金融の延滞というのは、相当なツワモノでしょう。
 

延滞したらもう借りられない

61日以上の返済ができない状態であれば、甘い審査の金融会社でも借りられないでしょう。
ただし、その延滞金額と自身の収入との関係があります。

例えば、大手消費者金融で借入をしました。
都合があり、遅滞から延滞ですが、連絡来ても対応しませんでした。
この状態で、中小消費者金融に行くとして、すべての多重債務の分のまとめローンが妥当でしょう。

そこで延滞の理由と今後の完済ができる意思が伝われば、中小消費者金融などのまとめローンができることがあります。ただ、61日以上の遅滞は、非常に印象は悪いです。どうやって説得するかですが、近々まとまったお金が入る。できれば、まとめローンも数回で完済ができるなどのビッグな入金があることが最適です。

この時も何年の支払いが続くという場合、延滞者の中小消費者金融のまとめローンの申込は撃沈です。
たいてい延滞している身分では、どこの金融会社も相手にしてくれないでしょう。
 
entaityuu648.jpg
 

その中小消費者金融で遅滞

延滞どころか遅滞の段階でとんでもないことになります。
大手消費者金融でもそうですが、延滞者に対しては、最終的に裁判になります。
その時に出廷もせず、何もしないで逃げていると、大手消費者金融の勝訴になります。

月給からの差し押さえです。規定はありますが、給料日に一定の差し押さえ金が引かれます。
金利し遅延損害金も加わり、30%以上の金利になってしまうことがあります。
早くに対応してればということですが、中小消費者金融でも同様です。

その前に、闇金まがいの取り立てがあるのが中小消費者金融です。ブラックリストなのに貸してやった。それを裏切るとはという態度ですが、その取り立て+差し押さえになります。
 

延滞者で借りられないけれど

中小消費者金融でも信用情報の審査があるので、延滞の部分で審査落ちです。
万が一借りれたとしても少額の場合であり、よほど返済能力が認められることが必要でしょう。

この手の中小消費者金融の審査通過の話はほぼゼロです。
延滞していても借りれるという貸金業者はないということです。
貸したとしても返せる見込みがない契約は結ばないというのが、当然の対応です。

人からお金を借りて、踏み倒す奴にお金は貸せます?
それと同じことです、延滞者の扱いは。
 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg
 

ブラックリストなら借りれる中小消費者金融だけど

事故情報があっても借りれる金融会社は、ブラック対応の中小消費者金融と街金です。
ホームページでは、遅滞延滞がない方が対象とあります。金融事故でも、多重債務や債務整理で大手消費者金融や銀行カードローンからの借入ができない方を対象にしています。
 

延滞者は審査落ち

甘い審査の中小消費者金融では、ブラックリストでも完済ができる方を対象にキャッシングができます。
遅滞と延滞者は、返せていない状態ですから信用はありません。

多重債務者で中小消費者金融に行った時に、1つでも延滞しているものがあると、理由を聞かれます。
その理由が納得が行けば借りれるかもしれませんが、たいていは返済ができない理由がわかったとしても、当社では通用しないと審査落ちになります。

多重債務や債務整理では、返しているけれど、お金が足りない状態です。
延滞者は、返すお金がなく、返済をしていないのにまだ借りようとしている状態です。
まず借りれる金融会社は紹介できないと思って良いでしょう。

ホームページにも延滞していても借りれる文言はゼロです。
申し込みして事前審査で、延滞者はそこでストップです。
 
entaityuu648.jpg
 

来店審査の中小消費者金融

極甘と称される中小消費者金融ですが、申し込みで延滞者の場合、直接事情を説明することができます。
延滞の弁明はここでは思いつかないのですが、担当者と直接対峙して話ができると自信があれば、是非審査を受けてみてください。直接会社で審査をするところで、延滞している理由と今後の完済を誓うことで借りれると言いたいのですが。

ブラックリストの審査内容の公開がありません。
ただ、普通の中小消費者金融より、多くの方が極甘審査で来社審査でなんとか借りれるという金融会社はあります。そこで借りれるかもしれないとの一縷ののぞみは有るのですが、借りれる保証はありません。

申込者の弁が立つのであればわからないのですが、どうして返済ができなかったか?
その説明をどうやって行い、どうやって納得させることができるかが問題です。どうしても中小消費者金融でも遅滞延滞のキャッシングがしていないのは、常識とされていますので、借りれるとは言い切れないのですが。
 

極甘審査の中小消費者金融は

どんな場合でも中小消費者金融の契約に違反すると、闇金化してしまうとの口コミが非常に多いです。

きちんとした貸金業者ですが、中小消費者金融の延滞はNG行為です。
ですから、遅滞の状態、延滞者での申込も絶対にだめだと思われるのですが。
挑戦は自由ですけれど。
 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg
 

延滞者が選択することは?

延滞者とは61日以上の遅滞をしている状態です。
この間何度も請求を受けているのですが、何もしない状態が延滞です。

そんなに逃げ切れる?と思うのですが、請求の電話に適当に対応することで案外と簡単です。
相手が大手消費者金融、銀行カードローンであれば、自宅に取り立てにくることはありません。
常識ある時間帯の電話で、自分以外には連絡がきません。もちろん勤務先には電話もこないです。
ラクラクの請求であり、のらりくらりとやり過ごす事ができます。

ただ、個人信用情報機関では、日に日に悪い記録が更新されて行くだけです。
自分では痛くも痒くもない状態です。
 

すべての貸金がストップ

個人信用情報機関では、延滞された金融機関が記録をすることでブラックリストになります。
こうなると、クレジット、各種ローン、キャッシングも審査が有るものはすべて審査落ちです。

ただ、現在は審査基準が低いとされる金融業者が存在していて、そこならなんとか延滞していても借入ができるかもしれない。そう思っている方もいます。ところが、それがNGでした。
 
entaityuu648.jpg
 

そこは甘くない

中小消費者金融などではブラックリストでも借入ができるのですが、遅滞延滞と総量規制だけは大手消費者金融と同じです。よって、延滞している場合では、絶対にキャッシングができないので注意が必要です。

もし、延滞者が借りれる金融会社があるとしたら、そこは闇金でしょう。
口コミ公開される場合は、こんな事実が正規の金融会社で行われているとしたら、とんでもないことです。
絶対に当社では延滞遅滞の方は審査落ちというのが当たり前です。

よって、のらりくらりと請求から逃げている方の末路としては、金融業者と話を付けて今後の返済をする。
もしくは、債務整理をすることです。

返済額が大きくなってしまう金融業者との交渉ですが、それは遅延損害金があったり、契約を変える時に更新料金が存在しています。どちらにしても、延滞者の罪は大きく、そのままの状態はNGです。たいてい自己破産などでの解決が望ましいのですが、中小消費者金融に行く方もいます。
 

来月に大きなボーナスがでる

それで一気に解決ができる。
延滞部分だけではなく、多重債務の完済がすべてできるというものがあれば、借りれる金融会社があるかも?
というのなら、延滞しているところで完済をしなさいということです。

甘い審査の中小消費者金融でも延滞遅滞して対応していないというので、無駄な労力はしないことです。
世の中はそんなに甘くないことがわかります。

甘い審査といっても、延滞していたら審査落ち、ケチだよというのは自由です。
しかし、キャッシングで延滞というのは、最大の罪であり、信用をなくす原因としては最大でしょう。
延滞者の今度は返すという言葉ほど信用が出来ないものはありません。
 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg
 

延滞している?債務整理しかないでしょう

今月の返済が遅れたと返済が出来ないでは大きな違いがあります。
遅滞であれば、後で返済が可能です。そのことを伝えることで、金融会社で納得が出来ます。
そこで、本当に入金ができれば信用されます。

ところが、遅滞のまま61日を過ぎたとしたら、それは延滞者です。
そして、そうなってしまったら、借りれる金融会社がありません。
 

返せないとわかったら

借りれる金融会社を探すのではなく、債務整理をしましょう。
弁護士や司法書士に金融相談をしてください。延滞している状態で、これからの話ができます。

1社だけの借入では、金融業者との話し合いをすることもできますが、今後の返済不安があるのなら、債務整理が良いでしょう。多重債務者であるなら、返済できるものとできないものを選択することができます。任意整理からの債務整理ですが、最終的にすべての借金返済をしない自己破産も可能です。

ちなみに、債務整理では資格は必要ありません。
かかる費用は、自分で行うと少ないですが、時間も労力もかかります。
場合によっては金融業者に勝てないこともあります。

弁護士依頼では、それなりにかかる費用ですが、不負担ないように配慮があります。
手始めに債務整理依頼の時点で、しばらく返済がストップします。
延滞ではなく、弁護士による対応であり、法的手段です。
これで、延滞者としての記録もストップすることになります。
 
entaityuu648.jpg
 

債務整理は1年程度かかる

弁護士に依頼したとしても、最終的に1年程度はかかります。
ということは、この間の返済がすべてストップする状態です。
なにかの事情で返済ができずに延滞したのですが、そのこともOKです。
返済義務がなくなるのですから。
 

延滞前に相談を

弁護士などでは無料の債務相談しています。
延滞する前に、支払いが不可能な借金のことで相談ができます。
絶対に債務整理ではなく、アドバイスも受けることができます。

無料で行っていたり、自治体での法律相談でもこうした悩みに対応しています。
素人ではなく、法律の専門家であり、たいてい債務整理ありの話です。

ただ、個人信用情報機関では一生使用する自分の記録です。
そこに延滞の記録がつかないだけでも良いでしょう。

債務整理をするにしても、延滞後ではなく延滞前が理想的です。
返せなくなってしまうのは、諸事情があります。大切なことは、支払いができない時にどうするか?です。
金融業者に電話をして相談でも良いのですが、今後の支払いもできない時には、債務整理が最適です。
金融業者としては残念な取引ですが、延滞されるよりは良いと言います。
 
▲メニューに戻る
 
entaityuu648.jpg

関連ページ

entaityuu648.jpg