即日 お金借りたい【滞納者/延滞中】問題ありません!延滞者でも借りれる所

お金を借りる即日!滞納者や延滞中の方は大手では無理でしょうが、街金なら問題ありませんよ★延滞者でも借りれる所

entaityuu648.jpg

カードローン延滞していて借りれない

2017年10月02日 15時05分

  1. 新規借入したくてもカードローン延滞していて借りれない
  2. カードローンの遅延損害金の算出方法
  3. 延滞していて借りれない前にできること
  4. カードローン延滞していて借りれない事態になってからできること
  5. カードローン延滞していて借りれないなら債務整理
entaityuu648.jpg

新規借入したくてもカードローン延滞していて借りれない


駅の近くや国道沿いなど、消費者金融系の自動契約機を目にする機会がよくあります。
旅行先や出張先などの土地勘がない場所で、近くに銀行が見つからないときってありませんか。
そんなときに消費者金融会社のキャッシングのカードを持っていれば、無人契約機やコンビニの提携ATMなどからすぐに融資を受けることができるのでとても便利です。

大手消費者金融なら自動契約機がありますし、中小消費者金融でも提携するコンビニATMが利用できます。
必要になったらいつでも借入れができますし、返済日に遅れにくいなどのメリットがあります。
利用するためには、金融業者に申し込みをすればいいだけです。
ただ、人によってはカードローン延滞していて借りれない、新規契約ができないというケースもあるかもしれません。

カードローンの返済日を数日滞納している程度なら、まだ金融会社も待ってくれます。
しかし、何カ月もそのまま放置していれば長期延滞をしているということになり、金融事故者として指定信用情報機関にそのことが登録される可能性が大きくなります。
A銀行カードローンで延滞しているという金融事故情報が個人信用情報機関に録されているうちは、B消費者金融の審査に可決することは難しいでしょうし、C街金ですら厳しくなります。
こんなときは利用している金融機関の融資担当者に相談をして、返済額の一部だけでも返すなど誠意を見せることが大切です。

まず返済が遅れそうになったらできるだけ早めに金融機関へ伝えるようにすれば、担当者の印象もいいはずです。
いいアドバイスをもらえるかもしれませんし、多少の遅れでしたら個人信用情報機関に異動情報を伝えるのを先延ばししてくれるかもしれません。

ブラック情報が登録されてしまうと、内容によって5年などの長期間データが残されてしまいます。
そうなると新規で金融機関に申し込みをするときに審査への影響がでてきますので、早めに対策を取るように心がけたいものです。
▲メニューに戻る

entaityuu648.jpg
 

カードローンの遅延損害金の算出方法


金融業者の融資申込者の中には、他からの借り入れでカードローン延滞していて借りれないという方もいます。
インターネットでさまざまな口コミや体験談などを探してみると、大手消費者金融の審査担当者談では債務者や自己破産者などの契約は厳しいという意見も見られます。

返済がとどこおってしまうと、ドラマやマンガなどの影響から、厳しい取り立てが来そうなイメージがあります。
自宅はもちろんのこと、職場や子供が通う学校などにも押しかけられそうですが、実際にはそのような極端なことにはならないようです。

返済日から何日経っても一向に支払われない場合、郵送や電話にて連絡が入ります。
返済があるまで郵送が届くなどが繰り返されていれば、最終的に自宅を担当者が訪れるという可能性はありますので気を付けてください。
長期的に返済が遅れてしまうと、遅延損害金が請求されることになります。

遅延損害金が何%つくかを知る方法は、カードローンやキャッシングの公式ホームページを見てみると、商品の詳細のページの金利の近くに書かれていますのでご覧になってみてください。
金融機関から遅延損害金が課せられるというと、とても高そうですが、利息制限法という法律がありますので、どんなに高くても上限金利である20%までとなります。

遅延損害金を実際に算出してみましょう。
例えば、20万円の返済が残っており、この商品の遅延金利が上限金利の20%だとします。
今、1カ月分の滞納をしているとすると、
20万円 × 20% ÷ 365日 × 31日間 = 3 397.260273
ということで、約3,397円となります。

通常の返済金額に加えてこれだけの遅延損害金が加算され請求されることになりますから、何カ月も延滞したとすれば大変なマイナスです。
1カ月だけではあまり大したことがないように思われるかもしれませんが、何カ月も続けば数万円単位になることも十分あり得ます。
それだけのお金があれば、買えるものはたくさんありますので、できるだけ最小限にとどめておきたいものです。
 
▲メニューに戻る


 
entaityuu648.jpg

カードローン延滞していて借りれない前にできること


カードローン延滞していて借りれない事態になる前には、返済期日を迎える前にできる対処法があるかもしれません。
利用しているカードローン会社に電話をして、今度の返済日に間に合いそうもない旨を相談してみるのも一つの方法です。

金融機関側としてはなにも連絡なしに事情がわからないまま返済されないより、相談をしてもらった方がいいはずです。
大手のコールセンターでは大量の利用客がいますし、相談に応じてくれるところが多いようなので、困ったときは電話してみてはいかがでしょう。

カードローンには利用限度額というものがありますが、まだゆとりがあるようでしたら、その場しのぎのやり方かもしれませんが、追加融資をしてそのお金を返済にあてるという方法もあります。
この方法はあまりクセになると借金が減りませんので、今回1回きりだと決めて行うことが大切です。

借り入れをした分だけ利息が大きくなっていきますから、毎回の融資額が同じだとしても、利息はふくらんでいきます。
利息がふくらんでいけば、その分返済に響いて苦しくなりますので、最終手段だと心得ておきましょう。

最終的にそのカードローンの利用限度額がいっぱいになってしまい、別のところで借り入れをして返済にあてようとしても、カードローン延滞していて借りれない、審査が通らないという事態に発展しかねませんから気を付けてください。

最もおすすめなのは、生活の無駄を改善して返済にあてることです。
金融機関によって最低返済額は異なりますが、数千円からという良心的なところがたくさんあります。
数千円なら、日常的に生まれがちなちょっとした無駄を削減していくだけでも、コツコツ貯金できるくらいです。

ランチのドリンクをやめて、空いたペットボトルにお茶を入れて持参したり、クーポン券を利用するなどという方法も有効です。
塵も積もれば山となるということわざがあるように、1カ月に数千円なら不可能ではない金額です。
 
▲メニューに戻る


 
entaityuu648.jpg

カードローン延滞していて借りれない事態になってからできること


カードローン延滞していて借りれない事態になったら、返済期日を迎える前にすべきことの一つと同じになりますが、まずカード会社に連絡をして相談しましょう。
利用者側から連絡をしなくても、向こうから電話が来たり、郵送が届くなどのアプローチが必ずあります。
むしろ利用者から積極的に電話を入れた方が、誠意が伝わるはずです。
急に怒鳴られたりなどということはないそうですから、心配せずに連絡をしましょう。

カード会社に連絡をしてすべきことは、どうして遅れてしまっているか理由を述べること、いつまでに必ず返済できますという期日を明確に伝えることです。
遅れてしまっている以上は遅延損害金が請求額に加算されますので、お支払いしますという意思を伝えることも大切です。

このまま借金を返済していくことが困難だという場合には、債務整理をすることを検討するのもいいかもしれません。
債務整理には任意整理や自己破産など全部で4種類の方法がありますので、どれがご自身の状況に合っているかも含めて、弁護士さんに相談してはいかがでしょう。

日本弁護士連合会というところで相談を受け付けており、全国の各都道府県に弁護士会が法律相談センターを設けて対応しています。
弁護士さんに依頼をすると莫大な料金がかかりそうで心配になりますが、
日本弁護士連合会では料金と時間があらかじめ決まっていますので、予算の範囲内で相談しやすくなっています。

30分の相談で5,000円。
もっと聞きたいことがあれば、15分延長するたびに2,500円が加算され、1回につき1時間まで利用できるというシステムです。
弁護士さんによって得意分野はありますから、得意な人を選ぶことが大切です。
日本弁護士連合会ではカードローンに関する相談にも対応しているそうなので、債務整理を検討する場合は日本弁護士連合会を検討してみてはいかがでしょう。
 
▲メニューに戻る

entaityuu648.jpg
 

カードローン延滞していて借りれないなら債務整理


カードローン延滞していて借りれないほどの状況におちいり、一人の力では返済していくのが難しいという事態になったら、債務整理をするという選択肢もあります。
債務整理は弁護士さんや司法書士さんに相談して行うことになりますが、全部で4種類ありますので、ご自身の状況に最適のものを一緒に選んでもらい手続きをします。

債務整理は経済状況が軽いケースから順番に、任意整理・特定調停・個人再生・自己破産があります。
任意整理は借り入れ金額が少額な方に適しており、話し合いによって決着をつけます。
特定調停も話し合いによって問題解決をはかっていく方法ですが、最終的に全額免除にはならず、一定の返済を行うことになります。

個人再生は、自宅を手放さなくても借金の解決ができる方法です。
利用するには条件を満たしている必要があり、借り入れ残高が5,000万円以上の方、もしくは今後収入を得られる見込みがない方は個人再生ができません。
再生計画案をだして、その内容が認められるとそれに従って返済が進められ、残高は返済しなくても済むことになります。
自己破産は支払いができない人を対象としており、差し押さえ禁止財産を除いては財産を手放さなくてはいけなくなるものの、借金が免除されるという方法です。

債務整理をしてしまうと、一定期間は個人信用情報機関にそのことが登録されてしまいますので、その期間は銀行や大手消費者金融などに申し込みをしても可決されることはまず難しくなります。
ですから、最終手段として残しておくとして、まずは司法書士さんや弁護士さんに現在あるカードローンの延滞問題をどうすれば解決できるか相談してみることをおすすめします。

インターネットで調べてみると、同じような経験をした方の体験談を見ることもできます。
中小消費者金融でしたら、まだ融資を受けられる可能性もあります。
債務整理はそれらを検討してからにして、問題解決に前向きにあたっていきましょう。
entaityuu648.jpg
▲メニューに戻る
entaityuu648.jpg